薪小屋を強制的にカラにして、新しい薪を積み始める

最後の薪薪販売
最後の薪
記事内に広告が含まれています。

薪小屋の中の薪が、終わりそうで終わりません。

お取り置きの乾燥した薪が、軽トラック2台分。

先日、お客さんからメールがあって、自宅の竣工が遅れていて、薪の配送は4月になる見込み。

  • 4月になると、ぬかるんで、薪小屋の近くまで軽トラックが入れなくなる。
  • 薪小屋の床が傷んでいて、補修したい。
  • あたらしい薪が、小屋に入りたがっている。

これらの理由から、お取り置きの薪を軽トラックに積み込んで移動しました。

できれば、車に積み込んだら、そのまま配送したかったのですが・・

久しぶりの薪小屋のカラのすがた

カラの薪小屋
カラの薪小屋

久しぶりにみる、薪小屋のカラの姿。

さみしくもあり、すがすがしくもあります。

コンテナに移動
コンテナに移動

販売用の乾燥した薪は、15メートル先の、カーポートの下のコンテナに移動。

すぐに出荷する予定ですので、適当に積み込み。

全部で、軽トラック2台とちょっとありました。

薪小屋の床を補修

腐った床材
腐った床材

薪小屋は、ツーバイフォー材と、カラマツの丸太で作ってあります。

DIYで作ってから10年。端っこの方のツーバイフォー材の床が、腐ってきてしまいました。

あたらしい床材
あたらしい床材

ちょうど、余ったツーバイフォー材がありましたので、交換。

丸ノコで切って、コーススレッドでとめるだけ。

防腐剤に、ホウ酸塩を散布しておきます。

参考記事>>木材の防虫・防腐剤としてホウ酸塩を使用 カビた薪で効果を検証する

はずした古いツーバイフォー材を、薪ストーブで燃やすために、丸ノコで切断。

古いツーバイフォー材
古いツーバイフォー材

思ったより、腐食は少なく、しっかりしていました。

ツーバイフォー材の素材は、スプルース(トウヒ)、パイン(松)、ファー(もみの木)それぞれの頭文字をとってSPF材、薪には不向きですが、ただ捨てるよりはましですよね。

焚き付けとして使いましょう。

何はともあれ、来シーズンの薪を小屋に積み始めます

あたらしい薪
あたらしい薪

だいぶ前から割り始めていた、来シーズン用の薪を、やっと積み始めることができました。

販売用の薪ですが、アカシアの比率が80%くらい、感覚的にはもう結構乾いている感じがします。

わたし、積み始めのこの薪に囲まれた空間が大好きなんです。

薪の香りと太陽のぬくもり。

すぐに薪で目いっぱいになってしまうんですが、もう少しここにいさせてください(笑)

やっぱり地面はぬかるみ始めてました

ぬかるんだ庭
ぬかるんだ庭

薪を移動するために、軽トラックで薪小屋にの近くまで侵入。タイヤの跡、轍が掘れてしまいました。

地面が凍っている間に、やっておきたいこともあるんです。

寒冷地では、春は

ぬかるみの季節

となります。凍った地面が、表面から解け始め、解けた水分が地面にしみ込むことができないからです。

でも、薪ストーブを焚かなくてよい暖かい日も多くなって、うれしくもあり、さみしくもありますね。

参考記事>>色々な砕石でランドスケープ ぬかるみの季節をのりこえる

>>ドッグランがぬかるんでいるのでウッドチップを敷く

>>水はけの悪い土地の改良方法 DIYレベルでの対策

コメント

タイトルとURLをコピーしました