薪を配達した後、灯油を買いに行く お金を介してエネルギーを交換したようなもんです

厳寒の南八ヶ岳薪販売
厳寒の南八ヶ岳

先週に引き続き、日曜日の薪の配達。

南八ヶ岳は、だれが見ても寒そうなたたずまいです。

午前中に、配達を終え、午後は灯油の買い出しに。諏訪まで、ポリタンクを積んで買いに行ってきました。

山暮らしの灯油配達、別荘価格に注意

灯油を買いに行く
灯油を買いに行く

山暮らしと薪ストーブのブログを書いていますので、

灯油なんて買うの?

と、思われるかもしれませんが、我が家の給湯系のエネルギーは、すべて灯油です。

プロパンガスもありますが、こちらはガスコンロのみに使われています。

さらに、子供部屋には、石油ファンヒーターが。朝の忙しいさなかにも、ファンヒーターの速効性、タイマーの利便性に、お世話になっています。

子供は、薪ストーブが燃える室内で、タンクトップになり、ファンヒーターの前で、テレビゲームをしています。

ぜんっぜん、エコじゃないですねー。

山暮らしを始めた最初の年、400リットル入る、我が家の灯油タンクに、近くのガソリンスタンドに配達を頼んだら、その価格の高さにひっくり返りそうになりました。

茅野市は、ガソリンが高いねー、

高速を乗ってやってきた、観光客はいいます。

さもありなん。

ペルシャ湾から、巨大タンカーに載せられて、はるばるニッポンにやってきたペトロリウムは、巨大プラントで精製され、これまた巨大なローリー車で中央高速をひた走り、山の上のスタンドまで、やってきます。

そこから、人件費をかけ、別荘でも、限界集落でも、おんなじ配送料で配達されるんです。

わたしも、燃料=薪を、配達していますので、わかります。

1リットル66円の灯油
1リットル66円

でも、諏訪まで行けば、全国チェーンのホームセンターで、比較的安く売っています。

今日は、

1リットル66円

でした。

薪の値段は高いのか?安いのか?

税込み712円の薪
税込み712円の薪

そのホムセンで、わが家と同じ、40㎝の薪が一束、

税抜き648円、税込み712円

で売っていました。たっけーな。

束も、心なしか小さい・・まあ、高級な薪ですから。

うちは、雑木の薪として、バラ薪で1束あたり、

税込み300円

で、売っています。

灯油との比較

灯油タンクに給油
灯油タンクに給油

最初に頼んだガソリンスタンド、頼んでもいないのに自社のシールをタンクに張っていきました。

そうすると、ほかの会社は、もう入れることが出来ないんでしょうか?すぐに、はがしたけどね。

そんなこともあって、このスタンドに不信感をいだきました。どうせ、私はホムセンが好きなのでよく行くし、ポリタンクで6個くらい、120リットルを、買いに行きます。

ところで、灯油1リットル当たりの発熱量は、

36.7MJ(メガジュール)

木質バイオマス1Kgの発熱量は、

10.0MJ

灯油のストーブの熱効率は、約90%。

1リットルの灯油から取り出せる熱量は36.7MJ/L×1L×0.9=33MJ。

薪ストーブの熱効率は、70~90%、平均80%として

1リットルの灯油と同じ熱量を得るのに必要な木質バイオマス量は、33MJ÷8MJ=4.1kg。

参考記事>>林野庁ホームページ

うちの薪は、1束300円、1束はだいたい10Kgですので、4.1Kgでは、

123円

約2倍、となります。

要するに、

  • 今日、売った薪の売り上げで、灯油を買ってストーブで焚く
  • 経済合理的には、2倍の儲け

となるはずです。

それでも薪を焚くのは?バカなの?

1台15,000円なり
1台15,000円なり

私が、キャンプをはじめ、山暮らしをはじめ、薪ストーブを焚くことになった、直接の原因は、中学生の時に読んだ、雑誌BE-PALに連載をしていた

作家 田渕義雄

さんの、山暮らしにあこがれたせいなんです。残念ながら、田渕さんは故人となってしまいましたが、その著書(翻訳)

薪ストーブの本 – 薪エネルギーと、薪焚き人の人生

は、薪焚き人なら、いま読んでも楽しい本です。なんたって、薪ストーブメーカー、

バーモント・キャスティングの著作ですから。

そのなかで、夫が妻に、

「今日は疲れたから、石油の配達を頼んでくれる?その炎で癒されたいから」

みたいなジョークの一節があるんです。

まさに、これ。

エアコンやファンヒーターでは味わえない、

炎の癒し。

こればっかりは、薪ストーブを焚いている人にしか、わかりませんよね。

こちらもおすすめ>>春になると薪ストーブの着火回数が増えますね 着火剤はタダ同然でDIY

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました