東京から再び薪の原木が届いた

東京の原木薪販売
東京の原木

近くの別荘地に別荘のある、Mさんが、東京の原木を薪にしてほしいということで、とりあえず我が家に運んでもらいました。

別荘地に運んでしまうと、休日(とくにゴールデンウィーク)に作業ができないのです。

以前にも、同じ作業を請け負ったことがあって、今回で2回目となります。

参考記事>>東京からエノキを運んで、薪にする【サスティナブル】だけど金額は結構かかりました

今回はナラが多かったです

2トントラック山もり
2トントラック山もり

今回も、運んでくれたのは、Mさん邸の出入りの造園業者である、Hさん。

2トントラック箱積み1杯です。

あいにく、わたしは現場仕事でしたので、娘に写真を撮ってもらいました。

我が家の薪割り作業場に下ろしてもらいます。

なかなか多いです
なかなか多いです

今回は、奥様と息子さん?の、3人で来られました。

朝6時に国立を出発して、10時ごろの到着でしたので、甲州街道を走ってきたと思われます。

お疲れのところ申し訳なかったんですが、早速下ろしていただきました。

ナラとエノキ
ナラとエノキ

前回は、わたしもあまり見たことが無かった原木が多かったんですが、今回は見慣れたナラの原木も多かったです。

ナラの下は、エノキですね。

ケヤキ
ケヤキ

ケヤキも混じっていました。エノキングと並んで、ケヤキングとたてまつられている薪の原木です。

ケヤキは、東京にも多いですよね。

私の故郷、埼玉県の木にもなっています。

ちなみに、東京都の木はイチョウです。

街路樹の原木
街路樹の原木

街路樹をせん定したと思われる原木。

こぶになっていますので、どうやって薪にしていくか考えどころです。

せっかく東京から運んできた原木ですので、無駄にはしたくありません。

おみやげにタケノコと幼虫(笑)をもらいました

おみやげのタケノコ
おみやげのタケノコ

Hさんには、おみやげに立派なタケノコを頂きました。

前回もいただいて、美味しくいただきました。

我が家のシイタケをお返ししたかったんですが、まだ出てこないんですよ。

カブトムシの幼虫
カブトムシの幼虫

息子にと、カブトムシの幼虫までいただきました。

Hさんは造園業者ですので、東京でも貴重なカブトムシの住みかになっているのでしょう。

我が家の周りは寒いので、あまりカブトムシはいないのです。ミヤマクワガタはいるんですけどね~。

たくさん繁殖してくれることを願って、落ち葉捨て場に放虫(笑)。

やっと咲いたサクラ、頑張って薪にします

サクラサク
サクラサク

薪割り場の向こうに、やっとサクラが咲きました。

ここ、何日かは、薪ストーブも焚いていません。

暖かいこの季節の夕方、毎日少しづつ、来年用の販売薪を割っていますが、あとすこしとなりました。

こちらが片付いたら、Mさんの薪を割って、Mさんの別荘へと積み込みしなければなりません。

Mさんの薪があとどのくらい残っているのかわからないんですが、最悪でも今年の冬には焚けるよう、早く割ってあげたいです。

こちらもおすすめ>>別荘地で【薪ストーブ】を楽しみたい際の注意事項

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました