一日中一輪車で薪運び、疲れた~

一輪車で薪運び薪販売
一輪車で薪運び

蓼科高原は、まだまだ寒いせいか、ぽつぽつと薪が売れています。

今日配達に伺ったお宅では、薪置き場まで積み込みをしてほしいとの依頼がありました。

有料になりますが、積み込みまでする場合もあります。

下見をしてから見積り

一輪車2台積み
一輪車2台積み

今回、薪を買ってくれたのは、初めてのお客さんでした。

薪の配達は、基本駐車場おろしとなるんですが、たまに有料でもよいので、積み込みまでしてほしいという依頼があります。

有料ですが、一律の料金というわけにはいきません。

まず、見積もりに伺うのです。

ここ蓼科の別荘地には、いろいろな形状の土地に別荘が建っていますので、駐車場のすぐ横にラックがある場合は、ほほ駐車場おろしとなりますので(逆に下におろすよりラク)この場合は無料でやっています。

ある程度距離がある場合は、その距離と、のぼりなのか下りなのかに応じて、料金を決めています。

新たに配達するこのお宅に、先日下見に行き、

かなり長い距離の下り

ということがわかりましたので、一輪車を2台積んで出かけました。

一輪車に空気を入れる
一輪車に空気を入れる

山の中では、一輪車はノーパンクタイヤよりチューブタイプがおすすめ。

空気を入れて、積み込みに向かいます。

登山部アルバイト
登山部アルバイト

なぜ2台の一輪車を積んできたかと言えば、先日山岳部に入部した、次男をアルバイトとして連れてきたからなのです。

次男が入部した山岳部、じつは

基本トレーニングなし(笑)

の、軟弱山岳部ということが判明、私が鍛えてあげることにしました。

目標は、駐車場から約30メートル先の、建物の裏側の薪置き場です。

娘さんのテレワークで冬も別荘を使用、薪がなくなった

薪置き場に到着
薪置き場に到着

別荘のオーナーのTさん。

冬はほとんど使っていなかった別荘なんですが、娘さんがコロナ過で

テレワーク。

バンバンと薪を燃やして、たくさんあった薪がなくなっての注文(注文は、娘さんから)でした。

斜面に立つ別荘は、低いほうの基礎が高くなりますので、このようなスペースがありますね。

こちらに積み込み。

のぼりはカラでよかった
のぼりはカラでよかった

距離は結構ありましたが、のぼりは一輪車がカラになりますので楽なもんです。

約30分の積み込み作業、薪代のほかに、

4,000円

の配達積み込み料を頂きました。

地獄の登りもやらせてア・ゲ・ル♡

のぼりはキツイ
のぼりはキツイ

Tさん宅の積み込みののち、同じ別荘地にあるMさんの別荘に移動。

こちらは、先日、東京から原木が届いて、薪割り作業を請け負ったお宅。

薪が、大方割れましたので、受け入れのために薪の移動です。

薪小屋
薪小屋

常に使うのは、いちばん高いところにあるこの薪小屋。

約、10メートル登って、乾いた薪を積を込みます。

この薪も、東京から来たもので、私が3年前に割って、積み込んだものとなります。

崩れそう
崩れそう

3年前には、まっすぐに積んであったんですが、崩れそう(笑)

こちらが、いちばん低い位置となります。

歩荷くん
歩荷くん

山小屋に歩いて荷揚げをすることを、歩荷(ボッカ)と言います。

私が積み込み担当、息子はボッカ担当。

とはいえ、歩荷よりは楽なはず。

いっぱいになった薪小屋
いっぱいになった薪小屋

二人で半日かかって、やっと薪小屋がいっぱいになりました。

1人工ですね。

スペース開いた
スペース開いた

やっとスペースが空きました。

今度は、こちらに新しい薪を積み込んでいかなければなりません。

これが終わるころには、息子も、強力伝の主人公のような山男になれるかもしれません。

来週も、頑張ってください(笑)

こちらもおすすめ>>薪原木の届く日 薪の運搬を考える

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました