シカに皮を食べられた【ドイツトウヒ】を伐採

シカの食害伐採
シカの食害

今回の現場は、シカに樹皮を食べられてしまった

ドイツトウヒ

の伐採です。

昨シーズンの冬は、ここ蓼科でも雪が多く、増えすぎたシカたちも食べるものが無く、何頭か餓死しているのを見かけました。

シカも、冬を越すためには、何でも食べてしまうんです。

モミの木は枝が多くて伐採は大変ですが・・

クレーンで吊られるモミの木
クレーンで吊られるモミの木

今回伐採するモミの木(ドイツトウヒ)は、直径40センチ以下のそんなに太い木ではありませんでしたが、モミの系統は枝が異常に多く、伐採作業、特に枝払いは大変です。

ぐるりと食べられた
ぐるりと食べられた

枝が多いゆえ、大雪の日でも、モミの林の中は、雪がそんなに積もりません。

シカたちにとっては過ごしやすい林なんです。

そこいらじゅうに、黒豆みたいなシカのふんがあります。

シカのふん
シカのふん

好きなのかどうかはシカに聞いてみないとわからないのですが、トウヒの樹皮を食べてしまうんです。

ぐるりと一周、高さ1メートル以上にわたって食べてしまいました。

樹皮からは、樹液(ヤニ)が滴ったあとがあります。

そんな木が、この敷地だけで5本ありました。

枯れたトウヒ
枯れたトウヒ

樹皮が完全に一周剥がれてしまうと、木は水分を吸えなくなり、今はまだ緑色の葉っぱですが、やがて茶色く枯れていきます。

枯れた木はさらに倒れやすく危険ですので、伐採します。

体中モミの香りに包まれます

ヤニがいっぱい
ヤニがいっぱい

伐採する時期にもよりますが、トウヒにはヤニが多く、伐採をするとかなり体にヤニが付いてきます。

これがなかなか落ちなくて、からだ中に匂いがこびりつきます。

でも、匂い自体はいい香り♬

木の臭いの中でも、トップクラスの芳香なのではないかと思っています。

ちなみに、嫌いなにおいは、すこし芯が腐ったナラの木です。

けっこうキョーレツ、乾くといい薪になるんですけどね。

かなり明るくなりました

伐採終了
伐採終了

電線を越えてのクレーン伐採が完了。

そもそも、電線や別荘が無ければただ倒せばいい、簡単な伐採なんですが・・

作業前
作業前

作業前はうっそうとしたモミの林。

夏は、涼しくて私は好きなんですけどね。

伐採して、日当たりがよくなった別荘地には、今度は草がたくさん生えてくるんですよ~。

それがまたシカを呼び込みます。

テング巣病
テング巣病

枝が異常に多く出てくる病変、

テング巣病

にかかっている木もありました。

ドイツトウヒには、けっこう多いです。

こちらもおすすめ>>あるオスジカの憂鬱

>>鹿の食べたい樹木 その傾向と対策

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました