充電式トップハンドルチェンソー【エコーBCS510T】レビュー

エコーBCS510Tチェンソー
エコーBCS510T

リチウムイオン電池を搭載した、バッテリー式のチェンソーが気になっていて、いろいろ検討していたんですが、結局、やまびこから出ている、

エコーBCS510T

を購入しましたのでレビューします。

エンジン式トップハンドルチェンソーの名機、

ゼノアこがる君

との比較も合わせてレビューします。

チェンソーメーカーのバッテリー式チェンソー

エコーBCS510T
エコーBCS510T

バッテリー式のトップハンドルチェンソーは、マキタ、ハスクバーナ、スチールなどからラインナップされています。

後発組として、エコー(キョーリツ)からもラインナップされました。

マキタのバッテリーツールを使っていない私は(電動工具はボッシュです)、チェンソーメーカーのものを検討していましたが、コンパクトさで、このエコーBCS510Tを選びました。

選んだ一番の理由は、

見た目がカッコいい(笑)

と思ったからです。

開封してみます

梱包状態
梱包状態

4つの箱に入って送られてきました。

私も全く知らなかったんですが、

バッテリー2個キャンペーン
バッテリー2個キャンペーン

4月30日まで、バッテリーが2個ついてくるキャンペーンをやっていました。

これから購入を検討する方、申し訳ございません。

2022年、とありますので、2023年以降も期待しましょう。

私も、慌てて注文した次第です。

内容物
内容物

充電器とバッテリーがちがいますが、エンジン式のチェンソーと同じような内容物です。

バッテリーは思ったよりも大きく、チェンソー本体は思ったよりも軽かったです。

スパイクキット
スパイクキット

オプションのスパイクキットは、梱包材にテープ止めされていて、危うく一緒に捨ててしまうところでした。

25AP60E
25AP60E

バーの長さは25㎝、ソーチェーンはオレゴンの25AP60コマ。

小型のトップハンドルチェンソーにはよくある組み合わせですね。

組み立て完了
組み立て完了

スパイクバンパーとソーチェーンを組み立て。

付属していた黒いゴムチューブは、4ミリのやすりのホルダーでした。

チェンカバー
チェンカバー

最近のチェンソーでは、チェンカバーのナットがなくならないように工夫されているものが多いです。

山の中でこれをなくして仕事が出来なくならないように、予備のナットを持ち歩かなくてもいいんです。

ゼノアこがるくんとの比較

エコーBCS510TとゼノアG2501EZ
エコーBCS510TとゼノアG2501EZ

ゼノアのこがる君は、トップハンドルチェンソーの名機で、使っている方も多いと思います。

樹上で枝を払ったり、細い枝を薪にしたりする場合に、非常に使い勝手の良いチェンソーです。

ただ、このモデルは少し古く、チェンブレーキのついていないモデルで、高所でエンジンを始動する際に、常に恐怖が付きまとっていました。

この代替えとして、今回エコーのバッテリー式をチョイスしたわけです。

上から見たところでは、エコーのBCS510Tが、かなりスリムなことがわかります。

直径25センチのナラ
直径25センチのナラ

まず、エコーBCS510Tを空回りさせてみると、非常に切削スピードが速くて驚きました。

十分チェンオイルが回ったところで、10センチくらいの原木を玉切り。

こがる君との違いは、まったく分かりません。よく切れます。

そこで、バーの長さぎりぎりの、直径25㎝ほどのナラの原木を切ってみます。

こがる君と比較
こがる君と比較

条件を一致させるため、BCS510Tに付属してきた、新品のソーチェーンを付け替えて、切削の速度を計測。ソーチェーンは、まったく一緒です。

ストップウォッチで33秒
ストップウォッチで33秒

BCS510T、33秒66。

ちなみに、スイッチを入れると緑のランプが付き、ブレーキがかかっているとそれが点滅するという、わかりやすい設計。

樹上などでは、エンジン式に比べ、恐怖心がなくなりそうです。

ストップウォッチで28秒
ストップウォッチで28秒

ゼノアG2501EZ、28秒88。

エンジン式の方に軍配が上がりましたが、実用上はほとんど差が無いレベル。

カタログでは重さがよくわからないので実測

エコーBCS510T3.2㎏
エコーBCS510T3.2㎏

エコーBCS510T、3.2㎏。

ゼノアG2501EZ、3.6㎏
ゼノアG2501EZ、3.6㎏

ゼノアG2501EZ、3.6㎏。

カタログでは、乾燥重量だったり、バーとソーチェーン抜きだったりとわかりづらいので、それぞれ実際に使う状態で、体重計で計測。

ゼノアの方は、最新のモデルでは、もっと軽いものが出ていますので、参考まで。

実際には、400グラム程度の違いは、あまりわかりません。

カラビナがハンドルにはつかないよ

カラビナが付かない
カラビナが付かない

ハンドルのここに、ロープ掛けとして、カラビナの絵もかいてあるんですが、私の持っているカラビナではつきませんでした。

もう少し、深いものでないと付かないです。

フックかけ
フックかけ

こちらに、安全帯のフックなどに引っ掛けて本体をぶら下げ、先のロープ掛けにはロープをかけ、万一の場合、落下しないようにするんです。

こがる君のロープ掛け
こがる君のロープ掛け

こがる君の場合は、こちらに万一の落下防止ロープをかけ、安全帯のフックには、ハンドルを直接引っ掛けていました。

チェンブレーキがありませんので、そのたびにエンジンは停止させる必要があります。

ハイパーこがるG2800T
ハイパーこがるG2800T

現在のモデル(ハイパーこがるG2800T)では、おしりにフックが2カ所、チェンブレーキもついています。

しかし、エンジンは停止させないと、怖いです。

ハスクバーナT540XP
ハスクバーナT540XP

ハスクのトップハンドルチェンソー、T540XPも、おしりにフックが付いていますね。

ハスクバーナにもバッテリー式がありますが、エンジン式もバッテリー式も、日本製のこの2台に比べ、ふたまわりほど大きく、そして重いんです。

あとはどれほどバッテリーが持つかです

オイルタンク
オイルタンク

オイルタンクは透明で、エンジン式と違って、混合ガソリンを補給するタイミングで補給できませんので、一目で量がわかるのはありがたいです。

キャップにレバーがあり、取り外しが楽になっています。

まだまだ、バッテリーがなくなるまで使い倒してはないんですが、なんせ、

キャンペーンで2個

ついてきましたので、もう一つ使っている間にフル充電43分、80%で23分ですので、仕事が途切れることはなさそうです。

エンジン式と違って、アイドリング時の振動もありませんし、騒音は私の古い丸ノコよりも静か。

疲れも半減しそうです。

276ワットの充電器を43分フル充電しても、電気代は

約5.2円!

初めて使ってみたバッテリー式チェンソー。

思ったよりも、使えるチェンソーだと思いました。

こちらもおすすめ>>ゼノアハイパーこがるGZ2800Tできのこの原木をつくる

>>細い枝まで薪にする 焚き付けもつくったよ

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました