ゼノアハイパーこがるGZ2800Tできのこの原木をつくる

ゼノアハイパーこがるチェンソー
ゼノアハイパーこがるGZ2800T

テレビのニュースによると、今年は暖冬で、桜が早くに咲きそうです。

桜が咲くまでにやらなければならないことがあります。

そう、キノコの原木づくりですね。

今回は、ハスクバーナゼノアの大人気機種、こがるシリーズをつかって原木を作りたいと思います。

参考記事>>薪の原木を利用してキノコの栽培を始める たくさんとれたよ

以前はリョービES2500Vでつくってました

リョービES2500V

直径10センチくらいの原木を切る際に、ホームセンターで売っていた

リョービES2500V

を使っていました。こちらも、中身はゼノア製。まだまだ現役で動きますが、

  • チェーンブレーキがないこと
  • ちょっと重いこと
  • 交換部品が入手できないこと

などの不満はありました。

ゼノアGZ2800T ハイパーこがるを使ってみる

ゼノアハイパーこがる

まず最初に感じたことは、

軽いです。軽すぎます。

2.6㎏の重量もさることながら、バランスが良く、片手で持っていても疲れが違います。メーカーで、片手作業を推奨しているわけではありませんが、このサイズならユーザーは片手持ちを想定して購入するでしょう。

キノコの原木は細い丸太なので、左手で持って、右手のこがるで切っていくと作業は早いです。

細い枝を薪にする時でも、大きなチェンソーでやるより早くにこなしていけます。

そして、昔のこがるにはなかった、

チェーンブレーキ

が付いていますね。それとお尻のところに

ハイパーこがるのフック

フックがついてます。

このことから、このチェンソーを安全帯のフックにかけて、木に登って枝を払ったりすることを想定しているということです。

安全帯をした状態で、木の上でチェンソーのエンジンをかける際、

チェンソーの刃が回って、安全帯が切れてしまう

恐怖感が常にありますが、ブレーキがロックできるだけで安心感が違います。

もちろん、キックバックに対する本来のブレーキとしての機能もあります。

ゼノアハイパーこがるgz2800t

上から見るとこんな感じ。

スイッチの位置も絶妙で、片手ですぐにオフにできます。

おまけでチェンソーのバッグも付いていました。

最近のゼノアの機械には、ストラトチャージドエンジンが定番ですが、こちらにも採用されています。低燃費と排気ガスのクリーンさに定評があります。

また、ハイパワーをうたっているだけあって、その差はすぐに実感できました。

こんな使い方も

登山道の整備

ボランティアで八ヶ岳の登山道の整備。

理論的には、25cmのバーでは50cmの倒木まできれますので、登山道の整備にはこの軽さがたすかります。

このミレーのザックにはチェンソーが入るように切り込みを入れてありまして、刃の部分をカバーをしてから外に出すことで必要なとき以外は収納できるのです。

ちなみに、こちらのこがるは古いタイプですので、チェーンブレーキはついていません。よくみるとその部分が違います。チェーンカバーが固定式なのです。

とりあえず原木ができました

キノコの原木

コナラの原木ができました。

もうすでに、キノコの種ゴマを買ってありますので、桜の花が咲くまでに植菌しなければなりません。

こちらもおすすめ>>ハスクバーナ545 ウチにあるチェンソーの紹介

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました