玉切りの保管方法【縦積み】悪い結果となりました

汚れた玉切り薪割り
汚れた玉切り

どなたかの薪ストーブに関するブログで、玉切りをパレットの上に縦に積み重ねて保管しているのを見て、

これなら、場所をとらずにたくさん保管できそう

と思いまねしてみました。

かなりの量の玉切りが収まり、ひとり悦に入っていたんですが、この玉切りを薪にするためにあけてみると、

見事に汚れたタマタマの数々(これを汚玉と呼びます)

が出てきたのです!

積んだのは、いつだったっけ・・

夏に伐採した原木
夏に伐採した原木

汚玉となってしまった原木は、昨年の7月に伐採したミズナラなどでした。

夏に伐った原木ですので、水分も多く、樹皮がべろべろにむけたりしていました。

参考記事>>夏の伐採作業、チェンソーが不調

葉っぱがチリチリ
葉っぱがチリチリ

当時、暑かったので、まだまだ薪割りする気持ちにもなれず、次の原木がはいるまで場所をあけたかったので、パレットに縦積みしたんです。

アナベルが咲く中縦積み
アナベルが咲く中縦積み

アジサイアナベルが咲く中、実際に積んでみると、かなりのボリュームが積めたので、

次の原木が来たら一緒に薪にしよう、

と考えていました。

しかし、予定通りいかないのが薪活の常。

結局、この原木にたどり着いたのは、

ゴールデンウィーク過ぎ(笑)

となってしまったのです。

8か月後の状態、かなり悪いです

8か月後の玉切り
8か月後の玉切り

ミズナラの玉切りは、縦に3段に積んで、上にちょっと横積みして、シートをかけてありました。

8か月後に、シートをめくってみます。

上の方は、乾いているようにも見えました。

汚玉が出てきた
汚玉が出てきた

しかし、割り進んでいくうちに、自分の浅はかさを後悔することとなります。

木口がカビだらけだったんです。

巨大なナメクジ
巨大なナメクジ

一番下、パレットの上には、巨大なナメクジも登場。

彼らが生息できる環境が、薪にとって良いわけはありません。

割ってみると案外キレイでしたが、皮がむけちゃう

中はキレイ
中はキレイ

この汚玉、割ってみると中は案外キレイでした。

でも、皮がムケちゃう・・

皮はかぶったままの、純粋なキミが好きなのに♡

むけた樹皮
むけた樹皮

一皮むけて、大人になった薪の山。

そして、大量のナラの樹皮。

これは、伐採した時期にもよるので仕方ないのですが、樹皮がたくさん出てしまって、処理に困るんですよね。

乾燥させれば焚き付けになったり、焚き火用として利用できなくもないのですが、かさばるし、

何より樹皮をかまっている時間がない

ということなんです。

時間があれば、8か月も放置しませんよ。

やっぱり、横に積んだほうが良さそうです

冬の玉切り
冬の玉切り

こちらの原木は、昨年の11月に伐採したミズナラ。

横に積んで、波板で屋根をかけてあるだけです。

適当に積んだので、倒れそうですが、そもそもこいつがあとから来て、奥の縦積みの前にあけてしまったので、たどり着けなかったんですよ。

横に積んだ玉切り
横に積んだ玉切り

同じ時期に薪割り作業。

全然きれいです。

ただ、場所は取りますね。

アカシアの玉切り
アカシアの玉切り

こちらは、来年度以降の販売予定のアカシアの玉切り。

木と木の間なら、たくさん積めます。

玉切りを、たくさん積むのもいいんですが、これからは

玉切り→薪割り→積み込み

をサッサとおわらせる、という薪づくりの基本に立ち返り、

汚玉や汚薪をつくらない、

ということを心がけ、日々精進していきたいと思ったのでした。

こちらもおすすめ>>薪は雨ざらしの方が乾くのか?

>>原木から燃やすまで、新しい薪生産システムを構築したい

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました