石の割り方【せり矢をつかって石を割る】

せり矢DIY
せり矢

今日の現場は、石積みの土留めの工事現場。

石を置きたい地中に、巨大な石が出現し、道路の方まで続いているようでしたので、割るしかなさそうです。

石を割るには、

せり矢

という道具をつかいます。

巨大な石も、割ってしまえば楽に移動できます

石を割るのに必要なアイテムは、次の通りです。

  • ハンマードリル
    せり矢の径と同じサイズのドリルをつかいます。
  • せり矢
    サイズが何種類かあって、大きいほど強力ですが、穴をあけるのは大変になります。
    また、せり矢は最低でも3組必要、多ければ多いほど、石を割るのはラク。
  • 大ハンマー、はりまわし、かなてこバールなど

まず、石に穴をあけます

石に穴をあける
石に穴をあける

今回使用するせり矢は、34ミリ。

35ミリのドリルで、石に穴をあけます。

振動と、粉塵がものすごいので、交代こうたい、休み休みやりましょう。

割りたいラインに沿って、穴をあけます。

今回のモデルは、ワークマンの上下ヤッケに長靴と、いつものいでたち、ベテラン石職人のGさん(65歳)です。

いつもモデルありがとう。

ドリルに粉塵が詰まってくると、ドリルがかんでしまいますので、たまに引き抜きながら根元まで穴をあけます。

どうしても、ドリルが動かなくなった場合、穴の中に少しずつ水を入れ、ゆっくりと冷やしながら水を満たすと、ドリルを抜くことができます。

穴は最低3カ所あけます

せり矢とはりまわし
せり矢とはりまわし

石の大きさにもよりますが、せり矢は最低、3組は欲しいところです。

2本で割れる場合もあるんですが、それで割れなかった場合、せり矢を引き抜くことは困難になります。

3組であれば、どこかの1組が緩んでくるので、引き抜くことができ、ほかの穴に打ち込むこともできます。

せり矢は、外側の受けを2本、根元まで差し込み、真ん中のくさびを差し込んで、セットします。

くさびは、最初はほとんど入っていきません。

あとは石の悲鳴を聞きながら、打ち込むべし

はりまわしで打ち込む
はりまわしで打ち込む

石工職人たちが好んで使う、

はりまわし

という、ハンマーがあります。

参考記事>>ハンマーの柄をグミの木で作る 雑木の有効利用【その2】

石を割るのに適した、日本の伝統的な工具ですが、ハンマーはなんでもいいです。

打ち込む際、柄の部分にせり矢のくさびが当たってしまうと、確実に柄が折れてしまいます。

薪を割る時のように(笑)、

力でなく、ハンマーの重さを生かして、リズミカルに打ち込んでいきましょう。

せり矢が食い込んでいくにつれ、音が変わってきます。

効いてくると、かん高い、澄んだ音になってきます。

最後はあっけなく割れます

石が割れました
石が割れました

かん高いせり矢の音が、急に鈍い音に変化しました。

肉眼では見えませんが、石にひびが入ったのです。

そのまま打ち込んでいくと、ひび割れが開いてきます。

このあと、裂け目にバールなどを突っ込み、せり矢を回収します。

今回はこれでオッケー
今回はこれでオッケー

今回は、このてっぺんだけが邪魔でしたので、これでオッケーです。

おっと、Gさん、足の上に石がのってますよ。気を付けてください。

どんなに動かせない大きな石でも、割ってしまえば動かすことができるんです。

こちらもおすすめ>>庭石の動かし方 DIYで石を動かす

>>いろいろな土留め工 DIYでもできるかな

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました