御柱(おんばしら)のようなモミの木の伐採

モミの伐採伐採
モミの伐採

今回の伐採は、道路の横にそびえたつ大きなモミの木です。

枝はほとんど道路の上に張り出し、昼なお暗く、道路の雪もなかなか解けないし、数年前には台風で折れた危険な木でした。

モミはモミでも、御柱祭に使われる

ウラジロモミ

ではなく、モミの仲間の

ドイツトウヒ

の伐採となります。

樹齢53年、目通り周囲195㎝、長さ31メートル

目通り周囲195㎝
目通り周囲195㎝

全部で4本あった危険なドイツトウヒ。一番太いので

目通り周囲195㎝

ありました。単純に円周率で割れば、直径62㎝くらいとなります。

それほど太いわけではありませんが、近くで見ればかなりの巨木に感じます。

枝が多いモミ
枝が多いモミ

それは、カラマツなどに比べて

枝が異常に多い

からかもしれません。

はしごでワイヤーをつけて、チルホールで引っ張ります。

シャックルの目印
シャックルの目印

2連はしごで登っても、高さが心もとなく、さらに登ってなるべく高い位置にワイヤーをかけます。

まわりは雪だらけですので、シャックルのピンなどを落としてしまえば

一生見つからなく

なってしまうので、ピンクのテープで目印をつけておきます。いったいいくつのピンをなくしたことか。Uの部分のみたくさん残ってますよ(笑)

まっすぐなので伐採は大成功

雪けむりを挙げて倒れるモミ
雪けむりを挙げて倒れるドイツトウヒ

いきなり盛大な雪けむりをあげて倒れました。

ドイツトウヒはまっすぐな木が多く、枝の張りさえ注意すれば、伐採自体はむずかしいものではありません。

滅多に車が通らない道ですが、それでもこの瞬間は車が来ないか細心の注意を払っています。

あとから枝が落ちてくるんです。

参考記事>>ヘルメットをしてなかったら死んでたかも!

やっぱり【おんばしら】になりました

ドイツトウヒの切り株
ドイツトウヒの切り株

切り株部分の直径は70㎝ありました。

くさりもなく、素性のいい木です。

年輪を数えてみると、樹齢は53年。わたしより少し年上ですが、思ったほどの樹齢ではありませんでした。

やっぱり、成長が早い木なんですね。

枝払いするGさん
枝払いするGさん

倒れたドイツトウヒを枝払い。

急に吹雪いてきました(笑)

Gさんの肩に雪が降り積もります(私にもですが)

長さ31メートル
長さ31メートル

枝払いしたのち、全長を測ってみると、31メートルありました。

久しぶりの30メートル越え。

その山の大体の木の高さを把握しておくと、のちの伐採作業で役に立ちます。

練習用御柱になりました
練習用御柱になりました

素性のよい太い部分は、大工のコバちゃんが、練習用の御柱に欲しいということで、ユニックで搬出となりました。

本番の御柱祭(今年あるんです)に向け、この木に

めどてこ

をつけて、練習をするそうです。

少し出ちゃった
少し出ちゃった

御柱祭が大好きなGさんが、もうお祭り気分になっていました。

トラックに積むと、やっぱり大きかったです。

少しはみ出ちゃった(笑)

練習用の御柱は、そのあと地区の小宮祭のお祭りで使ってくれるそうです。

こちらもおすすめ>>美濃戸高原に薪の配達、伐採された【御柱】を見てきた

道路が明るくなりました

明るくなった道路
明るくなった道路

伐採を終え、道路が明るくなりました。

暗いうえカーブで、しかも交差点もある危険な場所だったんですが、見通しもよくなりました。

折れたドイツトウヒ
折れたドイツトウヒ

4本のうち1本は、数年前の台風で長さ10メートル付近で折れ、その際は道路も通行止めとなってしまいました。

たおれない木は無いんですが、倒れやすいドイツトウヒは、あまり大きくしてはいけませんね。

こちらもおすすめ>>台風で倒れやすい樹木 危険な木ワースト5

>>スチールMS261C-Mで特殊伐採、さすがに疲労困憊しました

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました