中古車査定サイトでジープを売る【注意!】かなりウザいことが起こります

三菱ジープJ53田舎暮らし
三菱ジープJ53

私が長らく乗っていた、三菱ジープJ53。昭和63年式、ディーゼルターボ。昭和飛行機製、PTOウインチ付き。

車検に出した際に、

「hayasaruさん、去年もおととしも言ったはずですが(毎年車検)、フレームが腐ってます。このままではもう、車検通せません」

「え、なおらない?」

「20万円で、なおるかどうか・・・、まだ乗るんですかあ?運転中に、折れるかもしれませんよ~」

ち、ちょっと考えさせてください(;´Д`)、

ということで、試しに中古車査定サイトで、売れるかどうか検索してみたんです。こういうやつ↓

すべてはこいつのせい【塩化カルシウム】

塩化カルシウム
塩化カルシウム

朝、道路に白く雪が積もっているかと思いきや、じつはこの

塩化カルシウム、略して、塩カル

が、大量に撒かれていることがあります。

道路の、凍結防止のためです。高速道路でも、撒いてありますね。

塩カルじゃなくて、塩そのものを撒いてあることもあります。仕事で私も撒いたことがありますので、確かです。

事故防止のためには、やむを得ないのかもしれませんが、車にとっては大敵なんです。

私のジープは、古いせいもありましたが、この塩カルで、少しずつ腐っていったものと思われます。

中古車査定サイト、遊び半分で送信すると、かなりウザいです

薪割り機をけん引
薪割り機をけん引

ラジオなどで、しきりにCMを流している、中古車査定サイト。

車の形式、年式などと、簡単な個人情報を入力すれば、

あなたの愛車を10社が査定します!

という、アレですね。

まさか、こんな古い車が(しかも腐ってる)、売れるとは思えませんでしたが、売れるのなら売ってしまって、軽トラックにしたいなー、と思って入力。

仕事の昼休みに、スマホで送信したんです。

すると、次の瞬間、スマホに着信あり。

  • 車売るなら、〇ッグモーター
  • 車~売るなら〇ビット
  • ガ〇バー
  • そのほか、聞いたこともないような、中古車屋さん

など、これまたラジオCMで聞いたことがある会社から、大量の電話攻撃を受けることになり、午後は仕事どころではなくなってしまいました。

なかでも、ビッグモーターの彼、その日の夕方に、山梨県からわざわざ査定に来るというんです。

なんか、めんどくさいことになってきたなー。

結局、彼らは優秀なセールスマンだったんです

もっと腐っているジープ
もっと腐っているジープ

山梨から、何度も電話で道を聞きながら、1時間以上かけてやってきた彼。

結局、自分のパソコンのWi-Fiがつながらず、査定は後日、写真を撮って帰っていきました。

次の日は、松本市のガリバーから査定の予約が。こちらも、道がわからなくって何度も電話。

わが家は山の中ですから。

驚いたのはこちらの査定士、若い女の子で、ジープなんて見たことないんじゃないの?という感じ。

ジープのコクピット
ジープのコクピット

たぶん、レバーだらけ(4本!)のこのジープ、運転はできないでしょう。エンジンは、私がかけてみました。

このジープのエンジン、100万キロは大丈夫と言われた4DR6ディーゼルターボ。

走行距離は1周回って(10万キロで0にもどる)177,000キロ。

東京の知り合いが新車で購入も、青島都知事のディーゼル締め出し政策で乗ることが出来なくなり、私が譲ってもらってからも、点検整備簿もすべてそろえてあり、

フレームとボディの腐り以外は

怪しいところはありません(最近、この知り合いが東京から茨城に引っ越したので、ジープを買い戻したいとの連絡も、時すでに遅し)。

ガリバーの彼女、さすがは全国チェーンで、パソコン、無線ルーターできっちり査定。結果は、

15万円で買い取ります(マジで?)。

でも、軽トラック、うちから買ってくださいね♪

と、今度はパソコンで中古車のセールスに。

目的が変わってきました。

結局、車の買い取り業者は、販売業者でもあるわけで、彼らの行動力には、見習いたいところがありますね。

きっと、この除雪仕様の腐ったジープでも、

買い取ります、

ただし、うちから中古車を買ってね、というビジネスモデルなのかもしれません。

けっきょく、昭和63年式から平成7年式に新しくなった(笑)

ホンダアクティーのアプローチアングル
ホンダアクティーのアプローチアングル

軽トラックのアプローチアングル。ジープのようにはいきませんね。

さて、ガリバーの彼女、

古い車が好きなら、いい軽トラありますよ♪

と、平成7年式、ホンダアクティーを勧めてきました。

いや、別に、古いのが好きなんじゃなくて、古くなってしまっただけなのよ。

でも、このアクティ、走行距離が2万キロ、30万円でしたので、薪活のことを考え、購入することにしました。

そのあとの経費、登録料など、結局、支払いは30万円。

んっ?

なんか、古い軽トラを、

30万円で、売りつけられただけなんじゃ?

その後もしばらく、ウザいのが続きます‥

玉切りを運ぶ
玉切りを運ぶ

山梨から査定に来て、写真を撮っていったビッグモーターの彼。

その後、電話をしてきたんですが、結局

査定額

は、教えてくれず、お店まで来てもらえばいい中古車ありますよ、というのみ。

ほかの業者からも、そのあと1週間くらいは電話が来ることになります。

もう売れてしまいました、と言って断るも、

いくらで売れたんですか?かわりに中古車買いませんか?

と、セールストークの嵐。

自分の車が、いくらになるのか?

などと、安易な気持ちで、

中古車査定サイト、

には、送信しない方がよさそうです(ほんとに買い換えたいのなら、利用すれば、向こうからやってきてくれますよ)。

楽天ならポイントもゲット↓

こちらもおすすめ>>薪原木の届く日 薪の運搬を考える

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました