本年度最後の伐倒は、枝払いが【超】大変なサワラの木でした

倒れたサワラの木伐採
倒れたサワラの木

年末の仕事納めは、29日まで。

もっとも、これは現場仕事の話で、年末年始は薪づくりの予定です。

今日、夕方に倒したサワラの木の枝払いが超大変でした。

枝払いをなめてはいけません

枝にかかっている力を抜きます
枝にかかっている力を抜きます

蓼科高原には、割とサワラの木が生えています。

ヒノキは、ほとんどありません。

名前の由来は、

ヒノキよりもさわらか(さわやか?やわらか?)

どちらも似たような樹木ですが、建築材としての価値はヒノキに軍配が上がります。あまり利用価値もないため、枝打ちなどの手入れはされていません。

うんざりするほどの枝
うんざりするほどの枝

午後4時過ぎに倒したサワラには、うんざりするほどの枝が付いていました。

造材作業で、枝払いは地味な仕事ですが、

  • チェンソーが挟まる
  • そのついでにソーチェーンが外れる

ことも多い、油断のならない作業なんです。

コツはチェンソーの重さを腕のみにかけないこと

膝に乗せるように
膝に乗せるように

倒れた木の枝には、その丸太以上に、どんな力がかかっているのか分かりづらいものです。

枝払いの際は、まずは枝にかかっている力を抜くことです。丸太から遠いところで、一度枝を切ります。

そのあと、幹の近くで枝を切ると、挟まれにくいです。

そのとき、丸太の自分側の枝を切るときは、

チェンソーを自分の膝に乗せるようにします。

丸太の載せるように
丸太の載せるように

真上の枝を切る際は、

チェンソーを丸太の上にのせて。

この場合は、枝は丸太の向こう側に傾いてるので、チェンソーの上刃で切ります。

刃を滑らすように
刃を滑らすように

丸太の向こう側の枝を切るときも、チェンソーは丸太の上に置き、

向こう側の刃を滑らすように

切ると、疲労が軽減されます。

こちらもおすすめ>>丸太の切り方 チェンソーで玉切りする

やっと造材が終わったら、仕事納めになっちゃった

この中を歩くだけで大変
この中を歩くだけで大変

玉切りまでの造材が終わったら、あたりはもう、薄暗くなっていました。

一緒に造材していた、ベテラン山師、Gさん、お疲れさまでした。

冬至が過ぎたので、少しずつ日が伸びていくんでしょうけど、暗い中のチェンソー作業は危険ですので道具を片付けましょう。

切り株のささくれ
切り株のささくれ

来週の月曜日には、雪が降る予報です。

雪が降れば、私は伐採仕事でなく、除雪作業に行かなければなりません。

この現場は、このまま年を越しそうですので、

山の神様

が腰かけるという、切り株のささくれを、キレイに切りなおしておきます。

なんでも、山の神様は女で、切り株に腰かけたときに、【あそこ】にけがをしてしまうということです。

新年早々、あそこにケガをしてもいけないので、ベテラン山師、Gさんの言うことも、たまには聞いておきましょう。

来年は、また薪の原木が手に入るよ♪

最高級コナラ
最高級コナラ

この伐採現場は、太陽光発電所の横の山林。

ホントに切りたいのは、発電所側に傾いた、太い雑木。

コナラ、桜、クリです。

目通り幹囲200㎝
目通り幹囲200㎝

目通り幹囲200㎝のコナラ。

直径約64㎝です。

来年早々、このような雑木を、約30本を伐倒しなければなりません。

かなり傾いていますので、簡単にはいかないと思いますが、薪にするつもりですので、今から楽しみなんです。

こちらもおすすめ>>傾いたクリの木を伐採【上級編】ゼノアG5001Pで切る

>>太陽光発電所の支障木「ハルニレ」をチルホールけん引で伐る

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました