新品のソーチェーンで釘を切る(涙)

スチールMS261M-C伐採
スチールMS261M-C

今日は久しぶりの伐採でした。

別荘地の伐採で、けっこうな本数がありました。

チェンソーはスチールのMS261MC。

ここは、新しいソーチェーンで、快適に切っていきたいと思います。

スチールのソーチェーン、マジたけ~

スチールソーチェーン
スチールソーチェーン

相変わらず、スチールのソーチェーンは高いですね~。

税込み¥5,280。

頑張って木を伐って、元をとるぞー!

伐採する樹木
伐採する樹木

今回伐採する樹種は、カラマツ・アカマツ・クリ・ミズキ。

全部で50本近くありました。

チルホールで伐採した切り株に釘が入ってた!

釘を切る
釘を切る

伐採は、クレーンを使っての吊るし切りが主でしたが、どうしても届かないカラマツがありました。

これを、チルホールで伐倒。

クレーンで吊るし切りすれば、その切り株は平らでキレイになるんですが、チルホール伐倒では受け口と追い口がありますし、倒す方向をコントロールするために

ツル

を残しますので、切り株がギザギザになってしまいます。

これを、キレイに切りなおそうとしたのが間違いでした。

あきらかに、変な音とともに切れ味があっという間に落ちてしまいました。

切り株のクギ
切り株のクギ

よく見ると、サビた釘が。

バールで引っこ抜いてみます。

釘を切る
釘を切る

直径4ミリほどの釘が・・

しかも曲がっていて、けっこうな面積で切ってしまいました。

スチールMS261MCのパワーと、新しいソーチェーン、スチールのソーチェーンは高いけど太くて丈夫ですので、釘なんてあっという間に切ってしまいます。

目立てするも気分はブルー

目立てする
目立てする

とりま、目立てしなおします。

ソーチェーン初めての目立てが、こんな悲しい状態とは。

やすりを刃にあてると、あきらかに角度がちがう。

刃が欠けた
刃が欠けた

写真ではわかりづらいですが、刃が欠けています。

ちなみに、目立てには、ハスクバーナのコンビゲージをよく使っています。

スチールに使うには、無理やりはめ込みます(笑)。

でも、ほとんど切り終わってたのが幸い

伐り終わったよ
伐り終わったよ

不幸中の幸いだったのは、チルホール伐採は、いちばん最後にやりましたので、ほとんどの木を伐った後だったことです。

バールが乗っているのが問題の切り株ですが、今日の伐採はもう終わり。

今回のようなことは、別荘地の伐採では割とよくあることです。

切るまでわからないんです。

別荘地で伐採した丸太を製材に出して、釘が入っていて、製材業者に

バンドソー代¥30,000

を請求されたこともあります。製材された材木を買ったほうが安かったですよ。

わたしはソーチェーン代¥5,280を、誰にも請求ができませんので、うちに帰ってから、またゆっくり目立てをし直して、次の伐採に備えなくてはなりません。

こんなことがあるたびに、電動の目立て機が気なってしまう今日この頃です。

こちらもおすすめ>>ソーチェーンを新品に交換して、太い原木を玉切りする

コメント

  1. 「新しいソーチェンで釘」は、そちらはプロ、私は素人と立場の違いはありますが、似たような経験を何度もしているので、気持ちは十分わかります。ん~残念!

    • hayasaruhayasaru より:

      石川薪エ門さま
      薪エ門さんのブログでも、たびたびやっちゃっていますね。
      刃が飛んでしまえば、あきらめもつくのですが・・
      貧乏性ですので(笑)
      現在、電動などの目立て機を検討しています。

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました