スチールMS261C-Mで傾いたアカマツの伐採【追いヅル伐り】で伐る

ちょっと曲がったなー伐採
ちょっと曲がったなー

傾いた樹木を伐採するのには、危険がともないます。

傾いた方向じゃない方向に倒すのは、至難のわざです。

参考記事>>傾いたクリの木を伐採【上級編】ゼノアG5001Pで切る

また、そのまま傾いた方向には、簡単に倒せそうな感じがするんですが、伐っている最中に、木が裂け上がったりすることがあって、怖いんです。

参考記事>>傾いた木の伐採【あわや大惨事】裂けあがったクリの木

これを安全に伐採する、

追いヅル伐り

という技術があります。

傾いた方向に、受け口を小さく作ります

受け口は小さめ
受け口は小さめ

傾いた木を、傾いた方向に倒す際、受け口は小さめに作ります。

小さくても、方向はガンマークで確認しましょう。

ガンマーク
ガンマーク

スチールMS261C-Mのガンマークは、ロゴの上の黒い線です。このラインの延長線上に、木は倒れるんです。

銃をかまえるように(っていっても、わかりづらいですが)

正確に切りましょう。

追い口は突っ込み切りで始めます

突っ込み切り
突っ込み切り

次に、追い口を突っ込み切りで切り始めます。後ろの部分の切りのこしが、

追いヅル

となるんです。

チェンソーの下刃で、松の接線方向から切り始め、縦に突っ込んでいきます。

参考記事>>チェーンソーで突っ込み切りをする方法 丸太に穴あけも簡単

追い口を切り進む
追い口を切り進む

そのまま、切り進みます。

ツルは、少し多めにのこします。あんまり攻めると、チェンソーが挟まれます。

このアカマツの直径は、60㎝くらいありますので、私の45㎝バーでは反対側まで届きません。

反対側からも突っ込み切りして、追い口を切っておきます。

最後は、追いヅルを切り離します

追いヅルを切り離す
追いヅルを切り離す

さいごは、追いヅルを切り離します。

このとき、突っ込み切りで切った追い口より、すこし下に切り口を入れていきます。

そうしないと、倒れる樹木に、チェンソーが持っていかれることがあります。

伐倒成功!
伐倒成功!

倒れる方向に傾いていますので、木はすぐに倒れていきます。

バキンッ!

と、荒々しい音とともに倒れていきました。

追い口の突っ込み切りが、左右で少し高さが違っていましたね。

サルカ

の部分に、段差が付いてしまいました。

それをのぞけば、なかなか上手に倒せたんじゃないかと思います。

よかったよかった。

傾いた樹木の年輪は偏芯しています

傾いた木の年輪
傾いた木の年輪

やっぱり、直径は60㎝ありました。

この年輪のように、傾いた樹木の年輪は、芯が偏った方向にあります。

こんな、危ないアカマツは、台風で倒れる前に、

伐採しちゃいましょう。

こちらもおすすめ>>台風で倒れやすい樹木 危険な木ワースト5

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました