枝の多いカラマツ【テンカラ】の重量 参考まで

枝の多いカラマツ伐採
枝の多いカラマツ

今回伐採するカラマツは、枝が非常に多いカラマツです。

枝ぶりもよく、片側に8mくらい張り出していて、全幅は16mくらい。

こんなカラマツを、我々は、天然のカラマツ、

テンカラ

などと呼んでいますが、この一本のみが天然で、その周りのほとんどが植林されたとは考えにくいですね。

実際に、伐採した後の年輪を数えてみると、樹齢はほとんど一緒のことが多いです。

よっぽど育った条件が良かったのか、時としてこのように大きなカラマツを伐採することがあります。

クレーンで吊るし切りしたけど枝が多くておろせません

目通り周囲を測る
目通り幹囲を測る

樹木の太さの測り方に、

目通り幹囲(めどおりかんい)

という寸法があります。

地上から、1.2mの高さで測った、幹の外周の寸法です。歩きながら、その森の樹木の太さを、たくさん測りたいときに使ったりします。

このカラマツの目通り幹囲は、2.98mでした。

この幹囲を、3.14で割ると、おおよその直径がわかりますね。

2.98÷3.14=0.95

で、95㎝となります。

ベテランのクレーンオペレーター、Iさんが、

4トンはないでしょ、

と、伐採作業が開始されました。

じっさいに、伐採して、クレーンで吊ったまではよかったんですが、枝が張りすぎていて、予定していた場所におろせません。

その場に少しずつ倒しながら、枝を払っていきます。

枝を全部切ったら、800㎏軽くなった

枝ぶりのよすぎるドイツトウヒ
枝ぶりのよすぎるドイツトウヒ

写真の

ドイツトウヒ

を、2回に分けて伐採したときもそうでしたが、クレーンで吊っても、下ろす場所がないと困ってしまいます。

ちなみに、このドイツトウヒの総重量は、5トンありました。

隣のカラマツと比べてみると、その枝の多さがわかります。

こんな奴は、広い場所で、少しずつ枝を払いながら下ろしていきます。

今回のテンカラは、伐採した直後で

3.5トン

枝を全部払ったら、

2.7トン

まで軽くなり、

枝の重量が800㎏

あったことになります。

3.5トンのカラマツ
3.5トンのカラマツ

枝がなくなったカラマツは、ただの長い棒ですので、簡単に地上に下ろされて造材されました。

いったい何トン積んでるんだよ!
いったい何トン積んでるんだよ!

そして、売られていきましたとさ。

今回の伐採条件は以下の通り

  • 樹齢約60年のカラマツ
  • 11月20日に伐採、葉っぱはほぼ落ち切っています
  • 樹高は、約28m、全幅約16m
  • 目通り幹囲2.9m、直径約84cm

こちらもおすすめ>>伐採する樹木【カラマツ】の直径と重さの関係 目安として

>>伐採する樹木【カラマツ】の高さの測り方 

>>伐採の方法 初級編 スチールMS261C-Mで直径85㎝のカラマツを倒す

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました