犬のリードを手作りする ロープを編んでDIY

犬のリードDIY
手作りのリード

うちのラブラドールレトリバー、ジーニーの係留用のリードが長すぎて、有毒植物を間違えて食べてはいけないので、リードをDIYでつくりました。

この辺りには、有毒の

ジキタリス

が植えてあるんです。そのほかにも、大事な植物がいっぱい。

こんなところに係留しないでよー。

と、ジーニーから苦情が聞こえてきそうです。

ロープを編むのは意外と簡単です

犬のリードの編み方

この長いロープを使って、短めのリードを作ります。太さは7ミリです。

金具は、切れたリードから外したものです。

ストランドをばらす

ロープを金具に通して、ストランドをばらします。わかりやすいように、上から

のビニールテープを巻いておきます。

ストランドを差し込む

まずは赤を、この辺に差し込みます。

ロープの編み方

そのまま奥まで差し込みます。この赤が出てきたところに白を差し込みます。

犬のリードのDIY

最後に、緑を白が出てきたところに差し込みます。

このように出てくればオッケーです。

次に2回目の差し込み。

2回目の差し込み

2回目の赤は、ストランドを一つ飛ばしたところに差し込みます。

2回目の白も、一つ飛ばした、赤が出てきたところに。

最後の緑も、一つ飛ばした白が出てきたところに差し込みます。

これを繰り返します。

ペットのリードのDIY

金具の方はこれで完成。

次は、持ち手の方です。

まず、持ち手の輪っか分を見越して、ロープを切断します。

切る前に、ビニールテープを巻いてから切りましょう。

アイスプライスの作り方

輪っかの分を確保して、赤から差し込みます。

同じように、赤が出てきたところに白を差します。

最後に、緑。一つ飛ばして、繰り返し赤から差し込んでいきます。

ペットのリードのDIY

これで完成です。

ロープ差しをマスターしよう

黒ラブのリード

細いロープを編むのには、特別な道具もいらないので、やってみると意外と簡単です。

最初は、頭がこんがらがってしまうかもしれませんが、色分けしてやればわかりやすいです。

犬のリードを作るときには、より戻しが付いた金具をどこかに入れないと、ロープ自体の撚りが戻ってしまうことがあります。

この編み方ですと、撚りが戻った時にはほどけてしまいますので注意が必要です。

買い物に行って、犬を係留しておいて、帰ってきたらいなくなっていたら、シャレになりませんから。

もっとも、7ミリくらいのロープなんて、犬はあっという間に噛み切ってしまいますよね。

こちらもおすすめ>>ラブラドールレトリバー”ジーニー”をワイヤー式ドッグランで飼う 山暮らしの防犯対策は?

>>切れたロープを編んでつなぐ 大雪で薪割り場のシートが落ちちゃった!

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました