簡単な土木工事でも写真くらいとっておいたらいいのに、と思った件

薪を売った時にDIY
薪を売った時に

先日、別荘を新築したSさんのお宅に薪を配達したときのことです。

すぐに使える乾燥した薪が、無事、新しい薪ラックに収まった後の話です。

Sさんが、庭の一部を掘り返していたので、不審に思った私は、おせっかいながら、事情を聞いてみたのです。

業者がちゃんと工事したのかがわからないんです

湧水処理の暗渠
湧水処理の暗渠

Sさんが掘っていたのは、写真の一番右にある、砕石部分でした。

斜面の上の方からの湧水に備えた、暗渠です。

Sさん「この中に、パイプやフィルターがあるのかどうか、確かめたいのです。」

私「工事した業者から、写真とかの提出はなかったんですか?」

Sさん「それが、まったくわからないんです」

土木工事の際、地下に埋設される部分については、写真に収めておくのが普通なんですが、それが無かったようです。

ずっと見てるならいいんですけどね

水路の工事
水路の工事

公共工事でも民間の工事でも、写真は、

ちゃんとやっていますよ♡

という、証明になります。

特に、完成したとき、地下に埋まってしまうものなら、なおさらです。

現場監督が、いつもカメラをぶら下げているのはそのためです。

決して、インスタグラムやツイッター、ましては私のように、

ブログにアップ(笑)

したいから、カメラを持っているわけではないんですよ~。

役所の段階確認
役所の段階確認

写真はある公共工事の水路工事。

役所の職員による段階確認というものです。

ここでは、

  • 湧水パイプがちゃんと入っているか
  • 砕石は既定の厚みがはいっているか
  • 砕石は転圧されているか
  • 工事現場の安全管理はしっかりとしているか

などが確認されるわけです。

役所の職員も忙しくて、毎日ずっと見ているわけにもいきませんし、我々も、ちゃんと工事はしているのですが、

ずっと見てられると、照れちゃう♡

ので、写真で証拠を残していくのです。

お客さんが納得するように

焚き付けの木っ端
焚き付けの木っ端

別荘を新築するにあたって薪ストーブを導入したSさん。

薪を割った際にでた木っ端を、焚き付けとして差し上げました。

もっと、薪ストーブのお話をしたかったのですが、

土木工事のお話

に終始してしまいました。

Sさんには、湧水処理のパイプが、いちばん上流まで入っていないかもしれないことを伝え、帰路につきました。

後日、真ん中の辺りを掘ったところ、ちゃんと施工してあって安心したと、メールが届きました。

私も安心したのですが、施工した業者が、

ちゃんと工事した証明

として、写真を1枚でもとっておけば、Sさんは砕石を掘るなどという重労働をせずに、

別荘で悠々と過ごせた

のにな~、と、会ったこともない業者ですけども、少々怒りの感情がわいてきてしまった出来事だったのでした。

こちらもおすすめ>>ローズファーマー後藤みどりさんのキャンバスをつくる

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました