最凶最悪なアカマツの伐採

最悪なアカマツ伐採
最悪なアカマツ

今回の伐採現場は、大きく傾いた、アカマツの伐採です。

傾いた上に、枝が大きく張り出していて、吊るし切りしても、下ろす場所もありません。

また、下には建物があり、枝を落とすこともできません。

枝をすべてクレーンで吊るし切りしてから、幹の伐採をすることにしました。

アカマツはすべるからイヤなんです

ツヨロン昇柱器
ツヨロン昇柱器

アカマツの樹皮は、上の方の赤く見える部分がつるつるしていて、あまり登りやすい木ではありません。

ツヨロン昇柱器という、足につける爪をつけて登るんですが、ちょっと気を抜くとすべるんです。

しかも今回のアカマツは大きく傾いていて、ランヤード(胴綱)も滑りやすく、この状態でチェンソーでカットしていくのは、かなり危険な作業となります。

ヤダな~(笑)

枝を払っていきます

頭をカット
頭をカット

まずは、細かい枝がたくさんついている、頭の部分に玉掛けをしてカット。

じゃまな枝がなくなれば、クレーンのワイヤーも玉掛けがしやすくなります。

枝に玉掛け
枝に玉掛け

このアカマツの枝は大きくて長く、下には家があって切り落とすことができません。

1本ごとにシャックルでワイヤーを玉掛けしてから、チェンソーでカットしていきます。

クレーンで吊り下ろす
クレーンで吊り下ろす

クレーンのすぐ近くには電線もあって、久しぶりの難伐採となります。

もっと楽な現場ないの~

クレーンのベテランオペ、Iさんが吠えています(笑)

中には、枝の直径が30cmもある部分もありました。

枝だけで1.5トンありました

枝をカット
枝をカット

態勢も悪いので、枝をキレイには切れません。

安全に切れればそれでいいんです。

クレーンが戻ってくる間に、自分は徐々に木を降りていき、次の枝を切る準備をします。

ランヤード2本掛け
ランヤード2本掛け

ランヤードは2本掛けです。

降りていく際、枝が邪魔になりますので、1本をはずして枝の下にかけ替え、目視と指さし確認で、ランヤードをちゃんとかけたか確認しながら降りていきます。

もちろん、チェンソーでカットするときは、2本ともかけています。

枝をすべて払う
枝をすべて払う

枝をすべて払い終え、自分は久しぶりに地上に降りました。

約1時間、木の上にいたことになります。

クレーンのIさんが、

枝だけで1.5トンもあったよ!

を、教えてくれました。

枝が無ければ楽勝♬

幹を伐る
幹を伐る

幹は根元の方で、2本に分かれていました。

直径は約70㎝。

こんな、日本庭園にあるようなアカマツを巨大にしてしまうと、大変危険ですので、大きくしてはいけません。

いずれ、倒れてきますからね。

こちらもおすすめ>>台風で倒れやすい樹木 危険な木ワースト5

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました