【注意】家の中に雲海が!薪ストーブと換気扇

雲海テラスのながめ薪ストーブ
雲海テラスのながめ

晩秋から初冬にかけて、信州では雲海が見られるところが多く、わが家の辺りからも見られることがあります。

参考記事>>富士見パノラマリゾートの雲海テラスに早起きして行ってきたよ 八ケ岳は初冠雪

今日、家の中に雲海が発生(笑)

薪ストーブの煙が逆流していたんです。

お父さんは山に草刈りに、お母さんは諏訪にお仕事に

トラクターで草刈り
トラクターで草刈り

今日の仕事は草刈り。トラクターで現場に向かいます。

道の向こうの方にも、雲海が見える、寒い朝でした。

帰ったら、薪ストーブだな~

などと思いながら、寒い中の草刈りを終えました。

我が家は夫婦共働きです。

私は山の中で仕事をすることが多く、妻は隣の諏訪市のマチナカでの仕事。

帰宅する時間は、職場が近いので、私の方が早く、帰宅してからの

薪活

が、いつものルーティンワークとなります。

お父さんは薪ストーブに着火、お母さんは魚を焼き、息子がびっくり

薪ストーブのドアを開けて運転
薪ストーブのドアを開けて運転

帰宅後、暗くなるまで薪活に熱中しすぎて、妻が帰ってきてしまいました。

日中、家の中には誰もいなく、先に学校から帰宅していた息子が、寒かったらしく、

毛布にくるまって

勉強?していました。

薪ストーブ、着けといてよね!

妻と私は、ほぼ同時に室内へはいり、妻は急いで夕飯の準備。

私は薪ストーブに着火。

早くに燃え広がるよう、ドアをすこし開けて運転しています。

換気扇で薪ストーブの煙が逆流

夕飯の準備
夕飯の準備

今夜の夕飯は、静岡みやげの

サバのみりん干し。

ガスコンロの、魚焼きグリルで焼くんですが、けっこう煙がスゴイ。

妻は、当たり前のように換気扇を回します。

私は、薪ストーブの炎をいつまでもいじくって(あそんで?)いて、ぜんぜん気づかなかったんですが、息子が、

おとうさん!煙がスゴイよ!

と叫んだので振り返ると、そこには

家の中じゅう、雲海(けむりだけど)

が広がっていたのでした。

薪ストーブ、特に着火直後は引きが弱いよね

サバのみりん干し
サバのみりん干し

サバのみりん干しが焼けて、夕飯の準備ができたんですが、あまりにも

けむいので(笑)

家じゅうの窓を全開にせざるを得なくなり、

寒い中での夕飯

となってしまいました。

薪ストーブも、高温になって巡行運転していれば、換気扇を回してもどうってことはないんですが、特に着火直後などに換気扇を回したりすると、

家の中に雲海(ホントはけむり)

が発生してしまいますので、注意が必要です(笑)

こちらもおすすめ>>煙突を詰まらせる方法

>>8月に薪ストーブ→煙が逆流→煙突掃除

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました