雪の重さがおそろしくてDIYカーポートを補強

カーポートの雪DIY
カーポートの雪

3月に入ったというのに、また雪が降ってきました。

今年は雪が多く、カーポートをDIYしてからは一番降ったのではないでしょうか?

いままで、雪の重さを気にしたことはなかったんですが、ちょっとおそろしくなってきましたので、カーポートを補強しました。

ポリカ波板は丈夫だけど・・

50センチ以上の雪
50センチ以上の雪

自宅の屋根の雪は、わりとすぐにとけてなくなります。

毎日、薪ストーブを焚いているからです。

しかし、薪小屋や物置小屋の、透明の

ポリカ波板の屋根

の雪は、全くとける気配がなく、積もっていく一方です。

50㎝以上積もり、薪コンテナの上に乗っけただけ(笑)のポリカ波板は、雪の重みでゆがんできました。

面積が大きなカーポートの屋根

大きな屋根
大きな屋根

カラマツの丸太でDIYしたカーポートの屋根は、

自宅の屋根より1面の面積が大きい(笑)

んです。

横8メートル、縦6メートルあるんです。

42平方メートルですね。

その上に、50cm以上、雪が積もっています。

いったい、雪の重さが

何トン

あるのか、想像するとおそろしいです。

ツーバイフォー材で筋交いをたくさん入れてはあるんですが、

その接続はコーススレッドでとめただけ。

いまのところ、屋根がゆがんだり、柱が傾いたりといったことはありません。

でも、この状態で、地震でも来たら、責任はもてません。

とりあえず筋交いが外れないよう金具をつける

横方向の筋交い
横方向の筋交い

8メートルある横方向には、たくさんの筋交いをつけ、金具でも止めてあります。

筋交いの止め方
筋交いの止め方

しかし、6メートルの縦方向の筋交いが少なく、不安がありました。

ツーバイフォー材の筋交いは、45度の角度に切断して、丸太の柱をすこし削ってコーススレッドでとめてあるだけです。

強度は、そんなになさそうです(笑)

金具を曲げる
金具を曲げる

そこで、ホームセンターで、ネジ穴の開いた平らな金具を購入。

万力にはさんで少し曲げます。

コーススレッドでとめる
コーススレッドでとめる

筋交い取り付け部にコーススレッドで止めます。

それを、縦方向の筋交い部分12カ所全部に取り付けます。

ついでに他の取り付け部分もチェック

取付金具のチェック
取付金具のチェック

作業のついでに、ほかの取り付け部分もチェック。

緩んでいる金具は、見当たりませんでした。

精密に作られていない小屋組み(笑)

ですので、こうした金具がたくさん使われています。

強度は、金具の多さで出しているんです。

まさに、自己責任のDIYですが、これで一安心となりました。

早く融けて
早く融けて

とはいえ、これ以上降り積もれば、恐怖は増すばかり。

早くとけてくれないかな~。

こちらもおすすめ>>カーポートをローコストDIYでつくったよ

コメント

  1. アンピン より:

    こんにちわ
    最近時々覗かせてもらっています。

    今年は雪の重みで倒壊する車庫が出ていますね。
    先日もどこかで車庫がつぶれて、車を動かそうとして下敷きになって亡くなられたニュースをやってました。

    補強されて安心だと思いますが、逆に雪下ろしはしないのでしょうか?
    乗るのが危ないなら、薪ストーブの灰を撒いて置くだけでも結構早く(2-3日くらい?)で溶けるような気もします。

    ここ数日 暖かそうなので 春が待ちどおしいですね。

    • hayasaruhayasaru より:

      アンビンさま
      本当に危なくなったら(笑)、雪下ろしをしたいと思います。
      昔お世話になった人が、雪下ろしで転落して、大けがをしたのを思い出すと、恐ろしいんです。
      今日は雪がどんどん解けて、いよいよ泥だらけのシーズンに突入しそうです。

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました