リースづくりに 大きな松ぼっくりと小さな松ぼっくり

松ぼっくりの種類田舎暮らし
いろんな松ぼっくり

山の中を歩いていると、いろいろな松ぼっくりに遭遇します。

童心に帰って、おもわず拾っちゃうんです。

リースづくりとか、クリスマスの飾りにもなります。

ごくありふれたものから珍しいものまで、拾ってきた松ぼっくりの種類を紹介したいと思います。

キングオブ松ぼっくり ドイツトウヒ

大きな松ぼっくり

ドイツトウヒの松ぼっくりは、松ぼっくりの中でも一番大きいです。

10センチから20センチのものまであります。

台風の後などに、けっこう落ちています。木自体が倒れている被害もあります。

仕事で、こういった倒木を片付けることが結構ありますので、松ぼっくりも手に入ります。大木にならないと、松ぼっくりはつきませんね。

どんな松ぼっくりも、乾いてくると開いてきて、中から種が落ちてきます。

チョウセンゴヨウ

チョウセンゴヨウの松ぼっくり

こちらも、大型の松ぼっくりがなる樹木で、この松ぼっくりの中の種子は

松の実

として、食用にされています。

ですので、落ちている実は、リスなどにすぐに食べられてしまいます。

チョウセンゴヨウ自体、自生している木ではありませんので、なかなか拾うことができないレアな松ぼっくりですね。大きさは10センチから15センチくらいです。

落ちてすぐには、松脂だらけでべとべとしていますが、乾くと大丈夫です。

アカマツ

赤松の松ぼっくり

いわゆる松ぼっくりといえば、この赤松の松ぼっくりを想像する人も多いと思います。

ごくありふれた松ぼっくりで、大人でこれを喜んで拾う人はあまりいないかもしれません。

私くらいですかね。

ひろったからと言って、使い道はありません。大きさは5センチから6センチくらいです。薪ストーブの着火剤、焚き付けにはなりますね。

カラマツ

カラマツの松ぼっくり

信州には、かなり大量のカラマツが植林されています。

戦後、営林署から各集落に植林の割り当てが配布されて、地域の人々の

出払い

によって植えられたと、村の古老から聞きました。国の政策だったのです。

ですので、当たり前にありすぎて、だれも見向きもしませんが、よく見ると、バラの花のようでかわいいです。2センチから大きなものは5センチくらいのものもあります。

スギ

スギの松ぼっくり

スギは、この辺りにはあんまり植林されていないです。

むしろ、東京とかの方が多いと思います。ですので、そのあたりの人には、あんまりめずらしくはないでしょう。

八ヶ岳周辺には少ないので拾ってみました。

松ぼっくりは2センチから3センチくらいで、かわいいです。リースづくりなんかにも使ってみたいですね。

コメツガ

コメツガの松ぼっくり

コメツガは、標高が1500メートルあたりから、森林限界にかけて生えている樹木で、この木にはマツタケも生えることで有名です。

ツガマツタケ
巨大なマツタケ

ツガマツタケ

といって、巨大なマツタケができるんです。品種的には、普通のマツタケと一緒です。

ただ、松ぼっくりはかわいくて、2センチから3センチくらいです。

シラビソ

実生で生えてきたシラビソ
実生で生えてきたシラビソ

シラビソも、コメツガと同じようなところに生えているモミの仲間で、松ぼっくりが上向きについているのでわかりやすいです。

松ぼっくり自体は黒っぽくて、ヤニでべとべとしていますので、あんまり拾ってきません。8センチくらいの大きさです。写真は、松ぼっくりから育てたシラビソです。

まだ、若いので松ぼっくりはつかないですね。

サワラ

サワラの松ぼっくり

サワラやヒノキの松ぼっくりは、非常にちいさいので、松ぼっくりという感じはあまりしません。

直径5ミリくらいです。

しかし、発芽率は良くて、放っておくと、全部がサワラの林になってしまうんじゃないかと思うほど、たくさん芽吹いてきます。

ハンノキ

ハンノキの実

湿地帯によく生えているハンノキは、広葉樹で松の仲間ではありません。松ぼっくりとは言えないですね。

ハンボックリ

と呼んでいます。花穂と実が一緒についていますね。

まとめ

松ぼっくりのリース

いろいろな松ぼっくりを紹介しましたが、松ぼっくりとは、種ですので、中から種子を取り出して栽培すれば、木を育てていくこともできます。

私はシラビソ、八ヶ岳トウヒなどでやってみましたが、八ヶ岳トウヒは芽吹いてこなかったです。

また、拾ってきてチャレンジしてみたいです。

条件が良ければ発芽してきますので、あなたも育ててみてはいかがでしょうか。

こちらもおすすめ>>台風で倒れやすい樹木 危険な木ワースト5

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました