イチイの生け垣のせん定、おみやげに石臼をもらう

イチイの生け垣ガーデニング
イチイの生け垣

2年前の秋に、ある集落で水路の工事をしました。

その水路の横に住む老夫婦。

おばあちゃんの出身地が、私の住む集落だったことから話がはずみ、最後に名刺を渡してあったんですが、この春、垣根のせん定をしてほしいとの依頼がありました。

垣根の種類は、

イチイ

です。

山の方ではシカに食べられます

イチイに群がるシカ
イチイに群がるシカ

イチイは、寒さに強く、新しい芽がどんどん出てきて、強くせん定できることから、生け垣によく使われています。

美しく刈り込んだ、イチイの垣根は、山あいの集落の風景には、欠かせないものです。

ただ、イチイは、シカが大好きな樹木です。

すぐにシカに食べれれてしまうので、ホントの山の中では、植えない方が賢明です。

参考記事>>鹿の食べたい樹木 その傾向と対策

あばあちゃんが毎年せん定していた垣根

作業前の垣根
作業前の垣根

こちらが作業前の垣根。

向こうに見えるのは、お隣さんの家で、おばあちゃんの家はこちら側です。

住宅地の垣根は、お隣さんに枝が伸びるし、せん定する際も、お隣さんの敷地に入ってしまったりと、いろいろ大変なんです。

見た感じ、キレイにせん定されていますが、おばあちゃんはこの垣根を、

毎年一人で

せん定されていたというから驚きですね(おじいさんは少し体調がよくないんです)。

背が届かなくなったので低くしてほしい

のこぎりで切り戻す
のこぎりで切り戻す

このきれいな生け垣。

でも、おばあちゃんがこの先手入れをするのに、背が届かなく、脚立にのっての作業も危ないので、低くしてほしいとの依頼でした。

高さは1.8mくらい。

これを、1.2mくらいにしたいので、のこぎりで切り戻していきます。

境界側はスカスカに
境界側はスカスカに

また、お隣さんとの境界側は、思い切ってすべての枝を切りました。

手伝うおばあちゃん
手伝うおばあちゃん

私が切った枝を、おばあちゃんがトラックまで運んでくれます。

おばあちゃんはもう、80歳を越しています。

この年でも、マニュアルの軽トラックを運転して、生活しています。

長野県の長寿の秘密がここにあります。

作業完了
作業完了

作業完了。かなり強せん定したので、小枝が少なく、頭がそろいませんが。

お隣さんの窓が見えるようになりました。

これなら、脚立を使わなくてもせん定できそうです。

「おばあちゃん、これであと10年くらいは、手入れが楽になるよ」と、わたし。

「10年も経てば、もうこの世にはいないよ、あっはっは、」おばあちゃん。

いやいや、その足腰でしたら、100歳以上はいけますよ。長生きしてください。

おみやげに石臼をもらう

石の臼
石の臼

作業がおわって、お茶をごちそうになりました。

雑談をしていると、

「だれか、石の臼が欲しい人はいないかね?」

と、蔵の横に転がっている、石臼を指さして言います。

エ、おととい、臼が欲しくて作り始めたところなんですけど。

石臼は、いわゆる粉ひきの臼ではなく、石でできた、餅つきの臼。

まさに、

欲しかった、餅つきの臼

が、あっけなく手に入ってしまったんです。

(ナラでの臼づくりは、やりますよ。まだその1ですもん。)

おばあちゃん、ありがとうございました。

こちらもおすすめ>>ヘッジトリマーでドウダンツツジの剪定 ハサミの10倍は早いでしょ

コメント

  1. toki より:

    当地内でも櫟の生垣を見かけますがほとんど丸坊主です。
    特に4,5年前までカモシカが数頭住み着いて食べているのを目撃しました。
    しかし、硬そうな葉をよく食べられるなと感心していましたが。

    • hayasaruhayasaru より:

      シカに聞いてみないとわからないんですが、大好きそうですよね。
      少し、里に下りればシカはいないんですが・・

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました