バラの香りに包まれてむせ返りそうな庭

つるバラ”ルーピング”ガーデニング
つるバラ”ルーピング”

梅雨の合間の晴れ間にに庭に出ると、むせ返るようなバラの香りが漂ってきます。

バラがあふれる庭を夢見ているんですが、高冷地なのでなかなか完成しません。それでも、少しずつバラが咲くようになってきました。

一番香り高いのは、野いばら

野いばらRosa multiflora
野いばらRosa multiflora

このバラの香りはどこから漂ってくるのでしょう。

山暮らしの我が家の周りには、不耕作地が結構あります。

一部は、太陽光発電所などになっていますが、荒れ放題の土地も結構多いです。

参考記事>>太陽光発電所の支障木「ハルニレ」をチルホールけん引で伐る

そんなところに、この

野いばら

は群生しています。ロサ・マルチフローラ。

沢山の花をつけて、素晴らしい香りを辺り一面に振りまいています。

この時期、どこにいてもバラの香りがしていて、その香りに包まれていると、

仕事のやる気がなくなってしまうんです。

野いばらの群生
荒れ地のバラとムラサキツユクサ

雑草的な扱いで、嫌われ者でもありますが、花の数が数えきれないほど咲いていますので、その香りもひときわ高いのです。

我が家のバラも咲いたよ

ルーピング

つるバラのルーピング。毎年、黒星病で葉っぱがなくなるので、大きくなりませんが花は咲いてくれます。

絞り咲き”ロックンロール”

絞り咲きのロックンロール。これもなかなか大きくなりませんねー。

バラ園のようにはなりませんが・・

中野バラ祭り

信州中野バラ祭りの

ピエール・ド・ロンサールのアーチ。

素晴らしい花の数です。このアーチには3種類のバラが這わせてありますね。

パーゴラいっぱいのバラ

こちらは、パーゴラいっぱいに咲いた、

ツル・ヒストリー。その下で休む人々。

我が家にも植えてあるんですが、なかなか。写真を撮るほどには咲かないですねー。

木酢液だけでは管理できないかなー

私は、写真のようなバラ園などに行くと、ふだん山の中にいるせいか、消毒のにおいと成分で、目が痛くなってくるんです。

妻も、一緒です。見に行くのは好きなんですけどねー。

オーガニックな消毒として、木酢液がいいと聞きまして、一生懸命、木酢液を散布してるんですが、寒すぎてダメなのかな。

でも、あの、野ばらの勢いを見ていると、気候に合うバラなら大きくなってくれるんじゃないかと、期待しているんです。

バラの香りは、しばらくは野ばらの香りでがまんするしかなさそうです。

金魚にお友達ができました

金魚とメダカ

冬を越すことができた金魚は、結局1匹だけでしたので、お友達を入れました。

メダカもいれて、にぎやかになりました。

冬越ししたスイレンもやっと芽吹いてきました。

今年は咲いてくれるかなー。

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました