カバノアナタケ【チャーガ】をしばらく飲んでみた感想

カバノアナタケ田舎暮らし
カバノアナタケ

白樺に寄生するきのこ、カバノアナタケは、あのロシアでは

チャーガ

と呼ばれ、健康に良い飲み物として、古くから伝わっているそうです。

白樺の木の、2万本に1本くらいの割合でしか発生せず、その貴重さから

森のダイアモンド

などと呼ばれています。

山仕事仲間に教えてもらい、見つけるたびに取ってくるんですが、見た目が

キモツワルイ・・

とるだけで飲んだことはなかったのですが、仕事仲間が

とても調子が良い♬(個人の感想です)

というので、50を過ぎて、疲れを感じるようになった私も、飲んでみることにしました。

しばらく飲んでみた感想になります。

貴重なきのこでも、何年も集めてたくさんあります

カバノアナタケ・チャーガ
カバノアナタケ・チャーガ

一年を通して、だいたい山の中にいますので、その貴重なチャーガも、たくさん集まってしまいました。

内緒ですが、

末端価格にして100万円分!

くらいあるかもしれません。

美容にも良いとされ、妻のために取ってきたんですが、

キモイ

と言われ、まったく利用してくれません。

そこで私が飲んでみることにしました。

コーヒーミルで挽く
コーヒーミルで挽く

そのまま砕いて、お湯で煮出せばよいとのことですが、私はコーヒーミルで挽いてみました。

コーヒーみたい
コーヒーみたい

挽いた見た目は、コーヒーそのもの。

これをコーヒーに混ぜ、ドリップして飲んでみます。

最初は少しカビ臭かったけど慣れたよ

ぼくは水こそが賢い者にとって唯一の飲み物だと信じている。

ワインもそれほど気品のある酒ではない。

一杯の熱いコーヒーで朝の希望を台無しにし、一杯の紅茶で夜の希望をだいなしにすることを考えてみるといい!

それに誘惑されるとき、どれほど堕落してゆくことか!

ヘンリー・D・ソロー ウオールデン(森の生活)より

コンコードの哲学者、ソローは一杯のコーヒーで希望が台無しにされてしまうと教えてくれますが、私は毎朝コーヒーを飲んで、堕落しています。

これにチャーガを混ぜて飲んでみました。

最初は、コケのような味(コケを食べたことはありませんが)、少しカビっぽい感じがしましたが、すぐに気にならなくなりました。

慣れてくると、いつもよりちょっと苦いコーヒー。

逆に、美味しく感じられるようになりましたよ。

かれこれ、1か月以上飲んでいます。

元気に薪割りできるのもこれのおかげ?

5時半から草刈り
5時半から草刈り

イナカの共同作業。

朝5時半から草刈り(笑)

6月は、月2回の草刈りが、日曜日(ほぼ一日)にあります。

わたしの仕事は週休2日ではありませんので、ぶっ通しで半月以上働くこととなります。

草刈りは仕事でもやりますよ。

夕方はほぼ薪割り。

最近は、暗くなるまで割っています。

朝は6時半から割った薪の積み込み。日中はもちろん現場仕事。

さすがに夜は疲れがピークで、ブログの更新も滞りがちなんですが、それでも風邪やコロナにかかることもなく、元気に過ごしています。

何年も、そんな生活を送っているわけですが、チャーガ入りコーヒーを飲むようになってどうなったのかといいますと、

何となく体の調子がいい(個人の感想です)

気が、しないでもないわけでもないような、そんな感じ♡

こちらもおすすめ>>ナラの薪を黒く汚す【ゴムタケ】を食べてみる おいしくなかった

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました