トラクターにつけた【ツインモアー】で道路わきの草刈り

ツインモアー草刈り
ツインモアー

トラクターにつけた、三陽機器の

ツインモアーTRM800-Ⅱ

で、草刈りをする機会がありましたのでレビューします。

以前レビューしたハンマーナイフモア-より、道脇の草刈りには適していると感じました。

参考記事>>ハンマーナイフモア【ニプロスライドモア】超絶すごい草刈り機

まずは動画をご覧ください

ツインモアーの動画

なかなか、スゴイですね。

ブームモアーなどとも呼ばれますが・・

ツインモアーのブーム
ツインモアーのブーム

この手の草刈り機は、ブームモアーなどとも呼ばれる通り、油圧ブームが伸び縮みして草刈り部を操作します。

ツインモアーの刃
ツインモアーの刃

刃の部分はわりと大雑把。

ふたつの刃がツインで回ることから、このネーミングなんだと思います。

草刈り部
草刈り部

油圧モーターのついた草刈り作業部は、ぶらぶらしていて、路面が多少凸凹していても、追従していきます。

油圧取り出し部分
油圧取り出し部分

油圧の取り出し部分。

すべてワンタッチのジョイントが付いていて、取り外しは比較的簡単です。

操作レバー
操作レバー

操作レバーも1本で、感覚的にも簡単なものでした。

細いレバーは草刈り刃のオンオフ。

耕運機本来のPTOの操作部分には、

バッファローのバカでかい(笑)ブロアー

が付いていて、その上げ下げを行ないます。

あまり遠くは刈れません

縁石の際を刈る
縁石の際を刈る

ブームがあるので、縁石の向こう側なども刈ることが出来ます。

メーカーのホームページによれば、ガードレールの向こう側なども刈ることができるようですが、電柱や標識があったりするので結構大変かもしれません。

下に伸ばしたところ
下に伸ばしたところ

下側には、2列分は刈ることが出来ます。

上側に伸ばしたところ
上側に伸ばしたところ

上側も同じように2列分刈れますね。

進行方向に刈り刃があってラクでした

2面刈りもできます
2面刈りもできます

このTRM800の刈幅は、800ミリですが、真ん中で折ることが出来、2面刈りも可能です。

田んぼの畔などでしたら、刈ることが出来そうです。

クボタFT300
クボタFT300

取り付けたトラクタ-はクボタのFT300。30馬力です。

進行方向に、ツインモアーが付いていますので、真横や後ろに刈り刃があるより、作業はだいぶ楽になります。

首が痛くなりません(笑)

バッファローのブロアー
バッファローのブロアー

ほとんどの大きな草刈り機は、その仕上がりが雑ですが(笑)、PTOで動く、

バッファローの超強力ブロアー

で、刈り残しの草もなぎ倒していきますので、なんとなくキレイに見える仕上がり。

道脇の笹を刈る
道脇の笹を刈る

こぶし大の石があると、前にすっ飛んでいきますので、注意が必要。

それさえ注意すれば、道脇の笹刈りなど、長い距離を延々と刈っていくような仕事には、お勧めできるマシンだと思いました。

こちらもおすすめ>>自走式草刈り機、オーレック【スパイダーモアSP852AF】レビュー

>>乗用型草刈り機【ラビットモアーRM983F】レビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました