キッチンの家電をなんとかしたい DIYで収納棚をつくる

キッチン家電の収納DIY
キッチン家電の収納

前回の記事ではファルカタ集成材を使った、簡単DIYを紹介しました。

前回の記事>>キッチンに棚を作る 棚受けとファルカタ集成材で超簡単DIY

今回はキッチンのもう一つの不満である、家電製品の収納について考えてみたいと思います。

作り付けの収納は便利だけど・・・

キッチンの見積りの際、食器棚と家電収納がついた作り付けの棚が、20万円近く計上されていました。

これがどんなものか尋ねると、パインの集成材で、現場で大工さんが作ってくれるものだと言います。

大工さんの腕を信用しないわけではないんですが、妻はここにカントリーテイストの食器棚を置きたいというんです。

ちょうどタイミングよく、家具のダイレクトメールが・・・

今思えば、建築確認をとったりすると、この業界には情報がダダ洩れしているようで、ダイレクトメールの嵐がしばらく続くことになるんです

何はともあれ、松本市で開催されている家具の見本市に。

そこに、ベトナム製のかわいい棚が10万円ちょっとで売っているのを発見。妻の誕生日プレゼントにせがまれ、結局これをキッチンダイニングに置くことに。

しかし、家電を置くようには作られてはいなかったので、家電製品はやむなくシンクとコンロの間に置くことに。

ヴェトナム製の食器棚

家電製品を使わないほどの、スローライフは送れないのです。

賢明なる奥様方なら、この邪魔くささとジレンマは察するに容易かとおもわれます。

L型キッチン対面のカウンターに家電を収納

我が家のキッチンはオーソドックスなL型で、その反対側に作り付けのカウンターがあるのですが、この下は収納スペースになっていました。

キッチンカウンター

しかし、サイズ的には120×60㎝で、それほど大きくはなかったのです。

そこで、この天板を少しずらし、天板をずらした方のしたに棚を作り、この下に

  • 電子レンジ
  • オーブントースター

を収納しました。

トラバーティンの耐熱スペース

石の板

キッチンのワークトップによく使われている、人工大理石はあまり耐熱性はありません。

本物の石材である大理石は、石の中では耐熱性はあまりない方ですが、おおむね600度Cまでは大丈夫です。

キッチンでの使用には十分ですね。

トラバーティン

という石材が、板に加工されて比較的安く売っています。200ミリ角で30ミリ厚で、

一枚286円です。

大理石系の石ですので、見た目もきれいです。

このトラバーティンを9枚購入し、天板をずらしたスペースに貼り付けました。

200ミリ角で厚みももともとあった天板と同じ30ミリ。

コーキングで貼り付けただけです。ただ、コーキングの目地を低めにして、直接熱いものに触れないようにしてあります。

これで、オーブンレンジから取り出した熱々のピザもトレーごと置くことができます。

もちろんフライパンも鍋もオッケーです。

レンジの横にスライド式ゴミ箱と炊飯器

引き出し式の棚

電子レンジの横には引き出し式の棚と、引き出し式のごみ箱をつくりました。

引き出し式の棚には炊飯器をのせていましたが、水蒸気が上の天板に当たってあまりよくない感じでしたので、いまは炊飯器とパン焼き機、コーヒーメーカーはシンクの横においてあります。

毎日使うものですし、いまのところここにおちついています。

スライド式自作ゴミ箱

引き出し式のごみ箱は、大工さんからいただいたフローリング(ナラの無垢材!)の半端ものでつくって、下側に、スライドドアにつかう戸車をつけてスライド式にしています。

ベアリング入りなのでスムースにスライド出来ていい感じです。

最初から100%のキッチンはない!

結局、建築当初から完璧なキッチンなどないと思うんです。

ネットでキッチンのリフォーム、DIYなんかを見ているとそう思います。

みなさん、理想のキッチンをもとめてあの手この手でリフォームしています。

これがまた楽しいんですよね。

こちらもおすすめ>>冬の電気代が高騰!高冷地の水道事情と外水道のシンクのDIY

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました