地デジアンテナを屋根裏に設置する

地デジアンテナDIY
地デジアンテナ

インターネットを、ケーブルテレビから光回線に変更しましたので、テレビのためにアンテナをつける必要が出てきました。

参考記事>>ケーブルテレビのネット(同軸ケーブル笑)から光回線に替えた メッチャ快適(^^♪

こんな山の中でも電波が来るのか不安があったんですが、

もっと山奥(笑)の別荘地

にも、アンテナが設置されていましたので、DIYで設置してみることにしました。

アンテナを屋根につけたくなかったんです

雪つもるアンテナ
雪つもるアンテナ

地デジアンテナを屋根につけたくなかったのは、次の理由からでした。

  • 雪が積もって壊れるか、電波の状態が悪くなりそう。
  • 雪のせいで電波が悪くなっても、危なくてメンテナンスできない。
  • 近所に住むカラスの奴が、止まり木にしちゃいそう(朝、カーカーうるさいし)。
  • あのカラスが、壊しそう(フンもするよ)。

実際、山奥の別荘地では、地デジアンテナが雪のせいで壊れているのを見かけます。

購入した地デジアンテナ

パラスタック式アンテナ
パラスタック式アンテナ

購入したのは、高性能アンテナ、

パラスタック式八木アンテナ

にしました。横についている短い棒の数が多く、電波の弱い地域でも受信できるアンテナです。

日本アンテナ、20素子、マルチチャンネル型(13~52Ch)を購入。

直接アンテナにつなぎ実験

テレビに接続
テレビに接続

アンテナを組み立て、短い同軸ケーブルをテレビとつないで実験。

全く映りません(笑)

アンテナの設置には、方角が重要で、近所のアンテナを偵察。

Gショックで方角を測る
Gショックで方角を測る

Gショックのコンパス機能で計測。

我が家からテレビ塔には、

西南西

の方角に向けます。

A-PAB 放送エリアのめやす

というサイトで、自宅の近くのテレビ塔を調べることが出来ます。

5C同軸ケーブル
5C同軸ケーブル

同軸ケーブルの太さは5C。

そんなこともあろうかと、20メートル準備してありました。

同軸ケーブルのアダプター
同軸ケーブルのアダプター

5C用のアダプターも多数準備。

実験を繰り返す必要があったので、何度も使えるカンタンF型接栓も準備。

屋根裏もダメだった

屋根裏もダメ
屋根裏もダメ

今度は、長いケーブルのまま、いろいろな場所で実験をします。

いちばん設置したかったのがこの屋根裏でしたが、ぜんぜんダメ。

でも、こちらから通気口の外の光が見え、また、子供部屋に引いてあった、同軸ケーブルのプラグの裏側が作業可能な事がわかり、ひとまず計画の練り直しです。

ブースターを全部つけまくり

マスプロ製ブースター
マスプロ製ブースター

マスプロ製、地デジ用ブースターを購入。

これをつけても、全部のチャンネルは映りません。

ヤバい(;´Д`)

Eテレモザイク
Eテレモザイク

とくに、Eテレが弱いことが判明。よいこの番組にモザイクがかかってしまいます。

受信料とってるんだから強くしてよ!

とにかく、Eテレが見れればほかのチャンネルは見れそうでした。

DXアンテナブースター
DXアンテナブースター

そこで、DXアンテナの、直接アンテナに取り付けるブースターも購入。

こちらは単独では使うことが出来ず、先につけたブースターから同軸ケーブルを介して電源を供給する必要があります。

もう後には引けません。

ネットでそれぞれ安いものを探していたら、

  • アンテナ本体・・日本アンテナ
  • ブースター1・・マスプロ電工
  • ブースター2・・DXアンテナ

と、日本を代表するアンテナメーカー、3種混合となってしまいました。

受信レベル45以上
受信レベル45以上

結果、よいこの番組にモザイクがなくなって、

大興奮♡

このままテレビが映らなかったらと思うと、無謀なDIYだったかもしれません。

妥協してカーポートの屋根裏に設置

カーポートの屋根裏に決定
カーポートの屋根裏に決定

実験の結果、アンテナは、成績がよかったカーポートの屋根裏に設置することにしました。

もちろん、2階の屋根の上がいちばん電波はよかったんですが、一応こちらも

屋根裏(笑)

ということで、妥協案です。

こちらから、屋根裏の通気口にケーブルをまわし、子供部屋のケーブルプラグの裏でケーブル同士を直結。

ケーブルを直結
ケーブルを直結

こちらから1階のリビングに逆流させてやるう。

分配器
分配器

地下にある分配器。

ケーブルテレビの入力を引っこ抜き、2階の子供部屋からの逆流電波をリビングに流して完成。

かかった費用

  • アンテナ代・・7000円
  • ブースター1・・5200円
  • ブースター2・・2400円
  • ケーブルその他接続・・8000円
  • アンテナの設置金具・・4000円
  • 合計・・26,600円

たかだかテレビを見るためにかかった費用としては、けっこうかかってしまったというのが正直なところです。

でも、この先ケーブルテレビ代がかからなくなりますので、先行投資としてはよかったんだと思いたいです。

また、こんな森の中でも、アンテナでテレビが受信できるんだということがわかりました。

見ることができるチャンネルは、

全部で6チャンネル(笑)

見たいとも思いませんが、パラボラアンテナを設置すれば、衛星放送も見れるのかもしれません。

こちらもおすすめ>>カーポートに【LEDピッコロライト】をつけて夜間の薪活を快適に

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました