シルキーはやうち 高枝ノコギリで高くて太い枝を切る 

シルキーはやうちで枝払いガーデニング

前回の記事では、高枝切りばさみでの剪定について紹介しました。

前回の記事>>高い枝を剪定する ムサシキャッチ君Jrで楽々カット

このキャッチ君Jrにも、のこぎりが付けられるんですが、あくまでも剪定できない、ちょっと太い枝を切るだけのものですので、5センチ以上の枝を切るのは大変です。

ノコギリも薄くて、フニャフニャしてます。

特殊伐採は大変ですので

特殊伐採で枝払い
地上8メートルで遊んでいるサル

高い位置の枝を払うのに、いちいち木登りして枝を払うのは大変ですし、危険です。

参考記事>>ハスクバーナゼノア GZ360EZで特殊伐採

>>特殊伐採について なぜ私がサルなのか

特殊伐採の道具

こんな、わけのわからない道具をジャラジャラとぶら下げて、怪我でもしたらどうするんですか?

もっと簡単にやりましょう。

シルキーはやうちで安全に枝払い

シルキーはやうちで枝払い

こちらがシルキーはやうち。

3段と4段です。

3段が4.9メートル。4段は6.3メートルまで伸びます。

これに、持っている人間の高さがプラスされますので、1.5メートルはプラスされます。

するともう、地上から8メートル近くの枝まで切ることができます。

シルキーはやうちの刃

刃はこんな感じ。シルキーシリーズは、替え刃がどこでも売っていますね。

湾曲したのこぎりで、上と下に鎌のような刃がついています。

この鎌で、最初と最後はガツンと切れ目を入れるんです。

でも、枝が落ちてくるので注意!

はやうちで10センチの枝を切る

シルキーはやうちの刃は非常にしっかりしていますので、頑張れば15㎝くらいの枝まで切ることができます。

ただ、太い枝は、それなりに重量がありますので、8メートルも上から落ちてくるのは危険です。

ヘルメットは必需品です。

のこくずが上から降ってきますので、ゴーグルもあった方がいいです。

また、あまり長い枝を切ると、地上でバネのようにはねかえって、あらぬ方向に枝が飛んでいきますので、まわりの安全も確認が必要です。

さらに、枝が落ちる寸前に、切り口がふさがってきますので、のこぎりの刃がはさまると、厄介です。

よく見極めて、はさまらないようにしましょう。

大変ですが、2回に分けて切った方がいいかもしれません。

いずれにしても、最後はむしれるように切れますので、切り口はあまりキレイになりません。

ですので、庭木に使う場合は少し先で1回切って、根元をもう一回切った方が比較的キレイに切れます。

最初に鎌の部分で、下からガツンとくれてやりましょう。

これも一日中は無理かも

ムサシキャッチ君も、シルキーはやうちも、長いですので、一日中作業するのは大変ですね。

上ばっかり見てると、首も痛くなってきます。

でも、一日中木に登っているよりは楽ですし、危険も少ないんです。

こちらもおすすめ>>チェンソーの安全装備 ヘルメット編 スチールアドバンスとトーヨーアンボプロテクターの比較

コメント

山暮らし始めよう
タイトルとURLをコピーしました